wirexは返金してくれるのだろうか?

wirexカードについて

ビットコインは持っているのに現金がないー!
そんな時に便利なのが「wirexデビットカード」。


wirexの新しいウェブサイト

以前は、「e-coin」でしたが、少し前にブランド名が変わり、「wirex」へ。


e-coinのウェブサイト

昨年、ワン太郎もwirexカードに申し込みました。
通常便とエクスプレス便のどちらかを選択できるのですが、エクスプレス便の送料はさすがに高額。
なので、ワン太郎は、通常便で申し込みました。無事に到着しないというリスクはあるそうです(笑)。
エクスプレス便だと安全で、しかも、2日〜10日くらいで着くそうです。

3週間後、忘れた頃に無事に届きました。

ところが、届いたデビットカードは、上記の写真のような緑色の綺麗なデザインではなく、真っ白のカード。

これ、全く違うデザインじゃないかい?
はは〜ん。
「在庫切れだから、とりあえず送っとけー」
てな感じで、間に合わせたんだな。
と勝手に解釈。

でも、ちゃんと使えたから良かったです。

ただ、いまいち信用できないのが、wirexのビットコインウォレットから、デビットカードにチャージする時に、一回、送信失敗してしまったんです。

その時の画面が、これです。このエラーが出たのは、1月10日です。

その後、いつまで経っても、このお金がウォレットに戻ってくることなく、どこかへ消えてしまいました。$120がこのまま無くなってしまうのか…。

wirexにちゃんと英語で問い合わせしているのですが、無視。
一切回答なしです。

今日は、1月27日ですから、数えると、17日間も音沙汰無しです。
一体、どうなっているんでしょうね。
返金されるのでしょうか…。

ウォレットは、この状態(左に赤色の帯マーク)のままです。↓

皆さんもこんな現象経験したことがあるのかどうかわかりませんが、もし、返金されたら、参考までにこのブログに追記でお知らせしますね。

参考までに、以前、Blockchain.infoで送信失敗した時は、「pending」状態が続き、2〜3日で戻ってきました。
その時も10時間以上経っても戻ってこなかったので、Blockchain.infoに問い合わせしました。Blockchain.infoはさすがに回答は早かったです。こんな感じ↓

つまり、
「1〜7日後に最終的にビットコインネットワークによって拒絶された時に戻ってくる。これは、私たちではコントロールできないのでひたすら待つしかない。」
てなことが書いてあります。

これって、大切な送金をする時に、送信失敗なんてしてしまうと先方に待ってもらうしかなくなりますよね。今後、ビットコインを扱う方が増えると思いますので、それを知っているのと知らないのでは全く違いますね。まずは、送信に慣れておくこと。これ大切だと思います。

ちなみに、「wirexデビットカード」は、こちらのe-coinから申し込むと、カードを25%割引で発行してくれるそうです。ぜひ(笑)。

↓ポチっとお願いします↓

仮想通貨 ブログランキングへ


運用してみたランキング(稼働中)


おすすめ記事

日本で一番簡単にビットコインが買える取引所 coincheck bitcoin

最近の投稿

  1. 2017.11.07

    ALOHACOINボートアップ!カウントダウンか!?

    皆さま、こんにちは。犬も歩けば暗号通貨のワン太郎です。突然ですが、アロハコインは、今月い…
  2. 2017.10.19

    感動と涙の独立主権国家ランド・オブ・アロハ訪問ツアー

    アロハコイン支援チーム、ランド・オブ・アロハへ結集!2017年10月17日、マイニングJAPAN…
  3. 2017.10.03

    他とは異なる唯一無二のコイン。それはアロハコインなのです!

    皆さん、こんにちは。ブログ更新が1ヶ月に1回ペースになってしまったワン太郎です。おめでと…
  4. 2017.09.10

    お久しぶりです!沖縄からのブログ更新。

    おはようございます。ワン太郎です。前回のブログ更新から、いつの間にか27日も経っていました(…
  5. 2017.08.14

    今月のセミナーには是非ご参加ください。良いことがいっぱい。

    今月のセミナーに参加された方は素晴らしいことになりますよ!みなさん、こんにちは(^^)ワン太…