Bitmain社による51%アタックはあり得るのか?

こんにちは。

先日、Mr.Oちゃんの事務所に、iBeLink社の社長が来られてミーティングしたとき、iBeLink社のASICを素晴らしい条件で提供してもらうことが決まりました。

そのうち発表する予定ですが、凄すぎてここでは書けません。。。(^^)

楽しみですね。

さて、ASICと言えば、最近出た記事。

Bitmain社による51%アタックはあり得るのか?

Bitmain’s Mining Pools Now Control Nearly 51 Percent of the Bitcoin Hashrate

なんとまぁ、Bitmain社で、全体ハッシュの42%を占めているようです。。。

限りなく51%に近づいてます

どこまで行くんでしょう。
シェアNo.1ですし、圧倒的に強いですから、あとは伸びるだけなんじゃないでしょうか…。

内訳は、BTC.comが約26%、AntPoolが約16%ですが、両方ともBitmain社のプールに属しているため、Bitmain社がオペレーションしているわけで、マイナーの中央集権化が懸念されます。

過去、2014年に廃止されたマイニングプール「Ghash」は、一時的に51%のしきい値を超えましたが、コミュニティの懸念に応じて、ハッシュパワーの一部を他のプールに移動するよう促し、事なきを得たことがあります。

今回の42%の指摘に対しては、Bitmain社のジハン・ウーは、ノーコメントという有様です。

今後、悪意ある攻撃をしないとも限らないと言われていて、これからどうなるのでしょう?

そういうこともあり、iBeLink社の社長の朱青(しゅせい)さん、頑張って欲しいです。
本当に凄いASICを出す会社なので。

こういう懸念もあるので、ジャックリャオ氏は、絶対にGPUでしか掘らせないと言って、ビットコインゴールドを作ったのですけどね

もし、Bitmain社が、悪意ある攻撃をするのであれば、ビットコインに対する信用は、途端に地に落ちることが見えてますので、心配は要らないとは思うのですが。

仮にそうなれば、

その時、ジャックリャオ氏が脚光を浴びる???

という夢のような展開も、無さそうであり得るかも…というのが、今の仮想通貨業界です。

ジャックリャオ氏って、不思議な人でして、行き詰まりの先に辿り着く解決策みたいな存在です。イーサリアムのPOSという大きな流れとは反対方向のイーサコインの開発に着手するなど、発想はとてもユニークです。

行き詰まりの果てにジャックリャオ登場みたいな(笑)。

何も無ければ何もないかもしれませんが。

仮想通貨は、一体、どこへ向かっているんでしょう?

どうであれ、要らないものは削ぎ落とされ、洗練された仮想通貨に向かっているに決まっていると思います。

LINE@お友達追加ボタン\(^^)/

友だち追加
パスワード保護中記事をご覧になりたい方は、LINE@にご登録いただき、お問い合わせください。

参加しましたー^_^