アソビコインに続く、すごいトークン。

現在、アソビコインに続くコイン(トークン)の仕掛けをしています。

コンサル契約を取りましたので、仲間には特別なエアドロップも考えていますので、期待してください。

このトークンは、新しく発表するソーシャルアプリで使う形になります。まだ発表を控える段階ですが、世界展開をしていきますので、面白いことになると思います。

アプリケーションを開発しているのはスウェーデン人で、現在ドイツに住んでいます。
また、その取りまとめと当初の資金付けをしたのは香港の大手ファミリーオフィスの代表であるP氏。

ファミリーオフィスとは?

ネット検索すると…

ファミリー・オフィスとは、欧米で発達した形態で、事業に成功した富裕資産家のファミリーが所有する事業や資産を積極的に経営・保全・運用し、現世代のリーダーシップ、 役割分担や資産分配、未来世代への継承やその育成を行うことで、ファミリーの永続的な発展を目的として運営される、一種のプライベート組織体制を指します。

とのこと。3代目のP氏は、中国系香港人ですが、イギリスにもコネクションが強く、このプロジェクトは香港、日本、ヨーロッパの3拠点を中心に行っています。

その他にも韓国のインフルエンサー(影響力のある人)が参画しています。

ここ最近のICO割れは、ほとんど日本国内で資金調達が行われ、世界規模でないプロジェクトが多いと思います。

我々のプロジェクトは、世界展開であることで、リスク分散もできていると思います。

さて、先日電話会議の後、スウェーデンとスイスのW杯対決がありました。

私は、開発チームの二人がスウェーデン人という認識だったので、応援メッセージを送りました。

ところが、プロジェクトに参加している他の日本人から、「彼らはスイス人ですよ(汗)」という直メールがきました。。。。。。

「え!!」

そこで香港にいるP氏に確認したところ、スウェーデン人で、母国で生まれてスイスに移住、そして今は事業の関係でドイツに住んでいるとのこと。

こういう人って、「W杯はどうするの?」って感じですが、ストレートに聞いてみたところ、やはりスウェーデンを応援していました。

ですよね、日本人でも香港に移住した仲間がいますが、普通に日本を応援していますし。

スウェーデン人という事実を知らなかったその日本人はメッセージを見て、かなり肝を冷やしたらしいです。

それにしても、ヨーロッパ人は複雑ですよね。

うっかりW杯のことにも言及できない。

最近は、朝は中国、昼はインド、夜はドイツとの会議が入りますので、息を抜けません(^^)

LINE@お友達追加ボタン\(^^)/

友だち追加
パスワード保護中記事をご覧になりたい方は、LINE@にご登録いただき、お問い合わせください。

参加しましたー^_^