私がこの業界に入ったのは。

私がこの業界に入ったのは、ビットコインではなく、リップルでした。

ビットコインの最初のバブルに乗り遅れ、二匹目のドジョウとして紹介されたリップルに関わりました。

それはそれでビジネスになりましたが、当時のリップルは低迷。

その時に、初めて「ブロックチェーン」に出会いました。

あるセミナーで、「ブロックチェーンは、C++と言う言語で作られたデータベースです」と言う話を聞き、鳥肌が立ちました。

なぜなら、C++と言う言語は、私がコンピュータ会社で働くサラリーマン時代に販売していた言語で、その当時は世界ナンバーワンのシェアを持つ会社でした。

コンピュータ言語とは、人間の言葉で言う言語や方言です。その言語に数々の機能をつけてパッケージ化して販売するのですが、その機能が世界で一番優れていた会社だったのです。

そしてデータベース。こちらはダントツ。

私が販売していたデータベースソフト会社の創業者は、世界でトップ10に入るお金持ち

当時はいい思いをさせていただきました。

サラリーマンなのに、夏はタクシーで営業に行ったり(笑)、秘書を付けていただいたり、業界では肩で風を切る毎日でした。

そんな2つの頂点にいたことで、ブロックチェーンは私の話と感じました。

それでリップルを捨てました。

結果、リップル爆上げ・・・・・涙

人生悲喜交々

LINE@お友達追加ボタン\(^^)/

友だち追加
パスワード保護中記事をご覧になりたい方は、LINE@にご登録いただき、お問い合わせください。

参加しましたー^_^