フィリピンはマニラからこんにちは。

こんにちは。
ワン太郎です。

フィリピンに滞在中です。
遊びに来たわけではないです。

ここは、日本に対するイメージがとても良い国だと思いました。
一般の方々と会話しても、皆、日本人に対して丁寧だなという印象を受けました。

2017年に安倍首相が、「フィリピンの支援に5年で1兆円すると表明」して以来、フィリピンの発展が目まぐるしく伸びているような、そして実際に伸びている気がします。

フィリピンのイメージとしては、まだ「昭和」って感じで汚いところと、未来都市みたいなところや、とても美しい大自然がごちゃ混ぜで、アジアに良くある光景なのですが、人口も多く、街全体に発展気配がありますね。

ただ、空港は、4つもターミナルが分かれていて、それぞれ距離も離れていてとても不便。
また、あまり綺麗とは言えず、最初、「なんじゃこれ?」と思いましたが、空港周りやインフラを整備すると、間違いなく栄えそう

初日、ワン太郎は、羽田から発ち、マニラの第3ターミナルに到着。
その後、第1ターミナルに到着する予定の仲間(今回フィリピンを誘ってくれた方)と合流するわけですが、その飛行機がdelayしていて、数時間も待機しないといけなくなりました。

ワン太郎は、第3ターミナルのarrivalを出て、外に出てしまい、機関銃を持った警官から、
「一度出たら、パッセンジャーじゃないと再入場できない。」
と断られました。
フィリピン事情に疎いワン太郎は、
「なんじゃこれ?」
と思いました。
治安は良くなったほうですが、まだまだですね。
時間はまだ何時間もあるので、第3ターミナル内で、一人でお茶でもしたいと思ったのです。
しかし、断られてしまいました。

仕方ないので、第1ターミナルへ移動しようとしました。
この調子だと、第1ターミナルも入れないだろうなと思っていましたが。
警官から、
「歩いて行ける距離ではない。」
と言われて、
「じゃあ、どうやって行くんだ?」
と聞くと、白いシャトルバスが出ているから、それを使えと。

バス乗り場に行ってみると、たくさんのフィリピン人で賑わっていました。
日本人は、ワン太郎、寂しくたった一人。

ちょっと抵抗があるくらいの牛ぎゅう詰めのシャトルバスでした。荷物を持って、20ペソ支払って乗車。
財布でもスラれないかなと思ったりもしましたが、それがそうでもなく、とてもみんな親切で、降りるとき、あるフィリピン人の女性から、

ここが第1ターミナルですよ。降りるんでしょ?

と丁寧に教えてくださいました。

こういうコミュニケーションが温かい国なあと思いました。

ホテルに着いても、みんな話し掛けてくれるし、日本が好きだと言ってくれるし、とてもフレンドリーで良かったです。

このフィリピンですが、

1.毎年、不動産が上がっているそうです。
2.日本人が好きみたいです。
3.人口が増加しているようです。2029年頃に日本を逆転するようです。
4.若いエネルギーがたくさんあります。
5.その他いろいろ。

「その他、いろいろ」はまた今度書きますね。

ここは、とても刑罰の厳しい国なのですが、自由な雰囲気があって、良いですね。
海外の資本もどんどん入ってきているようですし、GDPも急上昇しています。

翌日以降は、ドゥテルテ大統領の護衛の方々が、ワン太郎達を守ってくださっているので、滞在中、本当に安心できます。
どこへ行くにもパトカーが数台派手に先導してくれています。

フィリピン投資、かなり良さそうです。

LINE@お友達追加ボタン\(^^)/

友だち追加
パスワード保護中記事をご覧になりたい方は、LINE@にご登録いただき、お問い合わせください。

参加しましたー^_^