サンフランシスコから

アメリカに来て、3日間は仕事詰め。

昨日は、朝から夜までずっと打ち合わせ。

新しい仕込みであるソーシャルメディアトークンの開発者と、文字通り膝を突き合わせて(汗)

夜は皆で食事に行き楽しいひと時を過ごしましたが、部屋に戻った瞬間、落ちました(笑)

開発責任者はスウェーデン人の二人。他の国から入って来たエンジニアは、今回我々とのミーティングには参加しませんでした。まあ、責任者がいるので問題ないですね。

このプロジェクトは、役割分担がしっかりできていること、彼ら二人がゲームビジネスで一財産作っている資産家であることを考えると余裕のあるビジネスです。

やはりお金に詰まっているビジネスでないことが大事ですよね、変な資金調達しないですから。

近々発表させていただきますが、アソビコイン同様インパクトのあるものになりそうです。

さて、今回は通訳の役割を担う弊社の新しい人材も同行してもらいました。

私は食事の席などでは問題ないのですが、いざビジネスとなると聞き間違え、勘違いが怖いので、いきなり英語脳が閉じてしまいます。

さっきまで話していたのに、いきなり通訳通し出したと相手が訝しがるぐらい極端です。

そのぐらいでないと怖いです、ビジネスは。

それにしてもスウェーデン人というか、ヨーロッパの人たちは多言語に精通しています。この二人も母国語のスウェーデン語以外に、英語、ドイツ語を流暢に扱えます。多分それ以外にも。。。。

そのうちの一人は、イーサリアムの開発元CEOであるルービン氏に会うために来週ニューヨークへ行くとのこと。このことでも英語の必要性がわかります。

ただしコンセンシス(イーサリアム開発元)と直接つながれば良いわけでなく、イーサリアムのプラットフォームを使うことで、彼らのバックアップがあるかどうか、これが大事な要素になります。

ビタリック(イーサリアム開発者)あたりとツーショットの写真が撮れれば、ちょっとは使えますかね(^^)

何はともあれ、ここに書けないですが、すごいチャンスももらっています。

期待の大きさから潰されそうですが、持ちこたえて前進します。

LINE@お友達追加ボタン\(^^)/

友だち追加
パスワード保護中記事をご覧になりたい方は、LINE@にご登録いただき、お問い合わせください。

参加しましたー^_^