仮面の告白

仮面の告白」。

今で言うゲイのカミングアウトをこう表現していた頃がありました。

三島由紀夫の同名作から引用されていました。我々の年代で三島由紀夫を知らない人はいないのではと思いますが、弊社の若い子の中には知らない子もいました。本離れが原因かもしれませんが、娯楽の多様化は日本の芸術作品を風化させることもあると実感しています。

さて、最近LGBTに生産性がないと発言した議員が登場して物議を醸していますが、子供を作ると言う一点だけでこう言っているのならナンセンス極まりないですよね。

我が家も子供がいないので、LGBTとは違った形ですが生産性がないのでしょうかね。

世界ナンバーワンの時価総額であるアップル社のクックCEOもカミングアウトしていますし、日本でも有名人でその傾向が続いています。

しかしこの話に食いついて議論になっているところも日本が平和な証拠。

「モリカケ問題」「日大アメフト部問題」「ボクシング山根会長問題」・・・・・

ニュースを賑わせている内容が世界的に見たら一瞬で終わるかもしれない話です。もちろん、全ての問題が大事な内容であることは確かですが、テレビでそして国会で何度も議論するなら、もっと大事なことがあるような。。。

北朝鮮の問題とか、今回のベネズエラのハイパーインフレからのデノミネーションなどは人事でないわけですし、しっかり調査して国民に知らしめるべきかと。

まあ、ここでは政治などの濃い内容を書く気はないので、この程度にしますが、「木を見て森を見ず」にならないように気をつけたいですね。

クリプト業界では、「仮面」を被っている人が多いです。この「仮面」は色々な意味がありますが、気をつけないと。。。。。

これだけダイナミックに大きなお金が動く業界ですから、付き合う人を間違うと大きな金銭的損害、人的損害が待っています

私も結構嫌な思いをしていますので、ここに注視して「生産性」を上げていきたいと思います。

LINE@お友達追加ボタン\(^^)/

友だち追加
パスワード保護中記事をご覧になりたい方は、LINE@にご登録いただき、お問い合わせください。

参加しましたー^_^