ダッチオークション方式

iPhoneの新シリーズが出ましたね。

前回は8から始まって、満を持してiPhone Xを投入。にも関わらずXは思ったより売れなかったようです(汗)

リリースの仕方は、発表は同時でしたが8というXと比べ廉価版が先行して発売されXが遅れて発売されました。

しかし今回は、XSとXS MAXという最上位モデルが先に発売。年末商戦に合わせて廉価版XRが発売されます。

この方法を表題のようにダッチオークション方式と言います。「逆オークション」のことで通常のオークションを「イングリッシュオークション」とも言います。

販売店はこちらの方が売りやすいみたいですね。高くても買う人、人よりより良いものが欲しい人を先にクロージングして、年末商戦で全てのユーザー層に向けた新しいセールス方法を展開します。

昔、割り勘のことを英語では「ダッチ勘定」と言うと聞いたことがありましたが、実はこれは完全にイギリス人がオランダ人を馬鹿にした差別用語。いまでは使われません。

と言うこともあり、ダッチ(オランダの、オランダ人)という言葉を使うと気になるのですが、単純に逆オークションのことなので差別用語ではないですね。

コインの販売もこのダッチオークションで資金調達できないでしょうかね。。。。もちろん高く買った人にはメリットをたくさんつけて。

ちょっとした記事を見かけるとすぐにコインに結びつけたくなるMr.Oちゃんでした(笑)

LINE@お友達追加ボタン\(^^)/

友だち追加
パスワード保護中記事をご覧になりたい方は、LINE@にご登録いただき、お問い合わせください。

参加しましたー^_^