フォーブス長者番付

フォーブスが米国で最も裕福な400人を発表しました。

今年の一位は、マイクロソフトのビル・ゲイツを抜いて、Amazonのジェフ・ベゾス。

ゲイツはずっと一番だったんですが、そろそろ世代交代ですね。

二位のゲイツについで、三位はウォーレン・バフェット。ゲイツ同様に、仮想通貨を全面否定している人です(^^)

四位はFacebookのマーク・ザッカーバーグ。

そして五位はラリー・エリソン。

え?この人誰?って言われそう。

実はオラクルの創業者。今では引退して悠々自適のようです。

私の元雇用主ですからよく知っています(^^)

独善的な人で、決して良い人ではないと感じていました。

でも良い人と言われて仕事ができないのと、このように言われても仕事ができる人でどちらが良いか。。。。。

上位5人は少なくともバフェット以外は性格悪そう(笑)

ゲイツの若い頃のやんちゃ裏話も聞いていますし、ザッカーバーグもYouTubeの創業者と喧嘩して彼らは辞めてしまいましたし、何かあるでしょうね。

ベゾスは極め付けだと思います。

今はわかりませんが、アマゾンジャパンは米国Amazonとは資本関係ありませんでした。あくまでもアメリカの配送代行企業。あたかも子会社のような別会社。そしてカード決済はアイルランドの別会社(汗)

だから消費税もありません。競争力上がります。

また売り上げはアイルランドに2つの会社を作り、それを行き来させます。
「ダブルアイリッシュ・ウィズ・ア・ダッチサンドイッチ」
と呼ばれる節税(脱税?)スキームです(^^)

Appleも同様で、これらの企業は世界競争力のためにこんなことをします。

考えたのはプライスウォーターだと聞いていますが、本当にエグい(^^)

ここ最近の税金徴収モードは、これらのスキームを徹底的に潰しにかかっていますが、根本は企業の成長を望んでのこと。

企業の努力って、色々なところにあるんですよね。

神は細部に宿ると言いますが、ビジネスは細かいところまで注意深く行うべきですよね。

脱税ではなく、きっちりとした中での、クリプト成功者を目指しましょう(^^)

LINE@お友達追加ボタン\(^^)/

友だち追加
パスワード保護中記事をご覧になりたい方は、LINE@にご登録いただき、お問い合わせください。

参加しましたー^_^