中国人から学ぶこと

広州競馬場で、私とジャックが英語で話している時の話。

隣に座っていた子連れの中国人女性が、突然話しかけてきました。

何を言っているかわかりませんでしたが、いきなりジャックが子供に英語で話しかけました。

最後に夢は何かと問うと、プロのバスケットボール選手になることだと。

このやり取りの後にどうしてこうなったかをジャックが説明してくれました。

中国人は子供に対する教育は並々ならぬものがあります。

その中で英語が話せる人がいると、自分の息子に話しかけてもらい、生きた会話をさせたいみたいです。

これって、日本のお母さんがしますかね。。。。。

元々、中国では英語教師はほぼネイティブ。文型も英語と中国語は同じなので、日本人よりも間違いなく早くマスターできます。そして話すことを優先。日本のように「This is a pen」などの解説はないです。流石に今の日本でもこれはないでしょうけど(笑)

ちなみに「I can’t speak English」という表現はありません。

「can’t」は不可能を意味しますので、この表現は自分には英語を話す能力がないという意味になり、一般的には「don’t」を使います。

これだって日本教育の間違いですからね。。。

ジャックもエジソンも普通に英語を話します。そして理解力があります、普通に。

その後、私が一人の時にその子供が近寄ってきましたので、多分母親が仕向けたと思いながら(笑)、なぜそんなに英語がうまいのかと聞いてみたら。。。。

「私には素晴らしい先生がいます。」

英語教育だけでなく、教師に対する尊敬。そして前述通り、自分の夢をしっかり話せる。。。

メトロで隣に座った日本の子供に英語で、夢とかを聞いてみたくなりました(^^)

ブロックチェーンに出会ったことが、見聞だけでなく世界の流れを感じることができます。

参加しましたー^_^

毎日記事を配信しています。ご登録(BAND)お願いします!

毎日記事を配信しています

当ブログは SDGs を支援しています

当ブログは持続可能な開発目標(SDGs)を支援しています