AWS

アマゾンのウェブサーバーです。

このサーバーを貸し出す仕組みは、オラクルやマイクロソフトに完全に先行しました。トップランナーです。

今回、Keiba Coinのアプリケーションを作るにあたり、AWSのコースの選定がありました。

アプリケーションを作っている中国の若手エンジニアチームは、エジソンに3つのコースの説明をしました。

エジソンがエントリーコースはすぐに会員がいっぱいになるから外すとして、次のコースで様子を見て会員がいっぱいになるようなら一番上のコースに変更するのが良いのではというと、エンジニアは最初から一番上のコースを申し込んだ方がいいと。。。。

理由は、このアプリを開発しながら自分たちの友人にその内容を話すと、全員がそのアプリができたらすぐ教えて欲しい、すぐにダウンロードして一口馬主になると言うそうです。

作っている人たちでさえ、間違いなくイケると思うから、トークンの販売をさせて欲しいって(^^)

通常エンジニアはそこには興味を持たないのですけどね(笑)

エジソンが次から次へと仕組みを作り上げていきます。

ジャックもトークンコミュニティをどんどん広げていきます。

私も頑張らないと(汗)

参加しましたー^_^

毎日記事を配信しています。ご登録(BAND)お願いします!

毎日記事を配信しています

当ブログは SDGs を支援しています

当ブログは持続可能な開発目標(SDGs)を支援しています