日本には財閥系大企業が多くありますが、それらのトップはすでに創業者ではありません。

日本には財閥系大企業が多くありますが、それらのトップはすでに創業者ではありません。

そしてそのほとんどはサラリーマン社長。

新卒で入社して、勝ち抜いた人たちです。だから根回しがうまいかもしれませんが、トップダウンで経営の舵取りをできるタイプも少ないと思います。

一方、欧米ではそのような社長はほとんどいません。

カルロス・ゴーン氏が良い例(悪い例?)ですが、いわゆる経営のプロが執行にあたります。

その昔、IBMの再建にナビスコからルイス・ガースナー氏が呼ばれた時には驚きました。お菓子とコンピュータでは、まったくの畑違いですが、経営の根本は同じということですね。

JALの再建をした稲盛氏も、JAL社内には八百屋の経営すらできる人材がいないと揶揄したのは、記憶に新しいです。

日本の会社が強くなっていくためには、この流れを変える必要があると思っています。

新興国のトップは、ほとんどが創業者。

中国のアリババ、テンセント、ファーウェイ。。。。。

そしてアメリカの会社のトップもその道のプロが中心。

競争になりません。

ブロックチェーンがどの程度、この旧態依然とした仕組みを壊すことができるのか。

楽しみですね(^^)

LINE@お友達追加ボタン\(^^)/

友だち追加
パスワード保護中記事をご覧になりたい方は、LINE@にご登録いただき、お問い合わせください。

参加しましたー^_^