スターバックス(Starbucks)の店員が吃音(きつおん)症の客をばかにしたとされる出来事

スターバックス(Starbucks)の店員が吃音(きつおん)症の客をばかにしたとされる出来事

この店員は解雇されたとのこと。当たり前ですが。

その昔、イギリスにアダムスミスという経済学の父がいました。

クリプトという金融学に通じる者なら、もちろん知っている名前ですよね。

この人もひどい吃音症だったとのこと。

実は子供の頃、スリ集団に誘拐されました。

プロフェッショナル(笑)に育て上げようとしたところ、吃音も含め余りにも不適格ということで誘拐された場所に戻されたそうです。

結果、無事に自宅に戻ることができて、最終的に経済学の父です。

この吃音症がなかったら、今の世界の経済は変わっていて、もしかしたらクリプトカレンシーも生まれていなかったかもしれません。

全てがタラレバですが、小さなことで人を評価したり、出会いを拒むことの馬鹿らしさが改めて思い知らされますね

人には向き不向きもあります。

コインの設計ができる人が、そのコインをたくさんの方に広められるわけではありません。

皆で長所を伸ばし合いながら、少しずつ前進しましょう。

参加しましたー^_^

毎日記事を配信しています。ご登録(BAND)お願いします!

毎日記事を配信しています

当ブログは SDGs を支援しています

当ブログは持続可能な開発目標(SDGs)を支援しています