複利の力

100万円の資本があるとします。A君はパチンコで確実に月10万円の利益、ようするに10%の勝率を得られるとします。B君は競馬で同様に10%殖やすことができるとします。

さて、一年後にどちらがお金持ちになっていると思いますか?

好き嫌いを聞いているのではありません(^^♪ 
 
実はパチンコは単利、競馬は複利なので、B君の方がお金を殖やせます。

単利のパチンコは、100+10+10+10・・・・・です。

それに対して競馬では、10%勝ったことでそのまま元本は当初の110%になります。今度はそれを元本として10%殖やせるので、2ヵ月後には120%ではなく121%となります。ようするに100×1.1×1.1×1.1・・・・・ですね。
複利とは、このように元本が増えていきますので、最初は単利と大差ありませんが、だんだんと大きな結果を生むことになります。

だからといって、パチンコより競馬のほうがいいという話ではありません。お好きな方を趣味にしてください(^^)v

足し算と掛け算の違いですよね。
 
著名投資家のウォーレン・バフェット氏も、この複利を生かし、何十年もかけて莫大な資産を作りました。

ただし複利は、損失を出すときも掛け算でマイナスになります(汗)
 
その中にゼロが混じってしまうと、水泡に帰すことになり、足し算より力がなくなります。
 
全てが表裏一体。
 
いい話ばかり聞いてその気になっていると大変です。
 
最近は株やFXのように、仮想通貨トレードで財を増やす人、またそういった人に運用してもらう人の話を聞きますので、ちょっと書いてみました(^^)
 
さて、組織力はこの複利に似ています。足し算ではなく、掛け算の力を生み出すことができると思っています。
 
組織に同じ目標を持つ人が集まれば、その組織がどのようにすれば良くなるのか、自分だけでなく皆の幸せを願って活動すれば、です。
 
このプロジェクトにこんなサービスがつけばいいのに、こんな人を紹介すればさらに良くなるのに。。。。
 
こんなことを考えてくれる人が、弊社プロジェクトにはたくさんいます。
 
人のご縁を大事にする組織は、ゼロが入ってもスルーされて、加速度を上げて成長していくと思います。単利と複利のいいとこ取り。
 
(※この記事は、2018.11.29、Mr.Oちゃんが執筆されたものです。)

参加しましたー^_^

毎日記事を配信しています。ご登録(BAND)お願いします!

毎日記事を配信しています

当ブログは SDGs を支援しています

当ブログは持続可能な開発目標(SDGs)を支援しています