イチロー選手が2000年末、アメリカに渡るとき、どの球団が彼を獲るかと注目されました。

イチロー選手が2000年末、アメリカに渡るとき、どの球団が彼を獲るかと注目されました。
 
結局マリナーズが最も高い評価をしたことで、シアトルに行くことになりました。
 
当時現地の評論家の間では、「2割8分」打てれば及第点などと言われていましたが、イチローを知る野茂投手は、「3割5分、50盗塁はいける」と言い切りました。
 
2001年の結果は3割5分、56盗塁。
 
鳥肌ものでしたね。
 
日本人初の野手ということもあり、評価も懐疑的だった中、最も高い評価、そしてその力を信じたマリナーズは、3年連続でチームを去ったスターたち(Rジョンソン、ジュニア、Aロッド)の穴を十分に埋めることができた特別なシーズンとなりました。
 
このイチロー獲りに失敗したヤンキースのスカウトは、当時の名物オーナーにクビを切られたとのこと(汗)
 
誰もが評価してからでは遅いことがあります。それを信じて、かけてみるというギャンブルも時には必要。(イチローはギャンブルとは言えませんが笑)
 
ビットコインはいい例。
 
誰もが信じない時代にBTCを数円で買った人たちがいるのです。それも数千万出して。
 
彼らは今もしかしたらメジャーリーグのオーナーになれるほどの資産を保有しているかもしれません。
 
上手くいってからやる、ではまず成功しない。ギャンブルは言い過ぎで、トライですね。
 
この業界は日進月歩。
 
今日の常識が明日のレガシーになるかもしれない中、どこまでトライできるか。
 
毎日そんな中で生きています。
 
我々のトライを笑うものがいたら、それを見返す力を持つことです。
 
そんな局面に、今(^^)

※この記事は、2018.11.25に書かれた記事です。

参加しましたー^_^

毎日記事を配信しています。ご登録(BAND)お願いします!

毎日記事を配信しています

当ブログは SDGs を支援しています

当ブログは持続可能な開発目標(SDGs)を支援しています