贅沢には興味がありません。

『贅沢には興味がありません。愛用の腕時計は7800円、シャツは980円の既成品です。自分の贅沢のためにどれほどお金を使っても、最後には空しさが残るだけでしょう。しかし助け合いのためにお金を使えば、私たちはともに温かい気持ちになることができ、額面の何倍もの価値を生み出します。
 
助けを必要としている人のためにお金を使うことは、「究極の贅沢」だと私は思います。助け合いが、世の多くの経営者・資産家の方々への啓蒙になればと強く思います。私のただ1つの夢は、助け合い社会の実現です』
 
これは、カレーで有名な「ココイチ」、「カレーハウスCoCo壱番屋」の創業者である宗次徳二氏の言葉。
 
私の知る限り、この方ほど清廉潔白な経営者はいないと思います。すでに引退していらっしゃいますが、これだけの企業を全くのノウハウもなく、コンサルタントの意見も入れずに育て上げた上に、さっさと後進に譲っています。
 
税務調査に来られても、一円も追徴金がなかったとのこと。
 
何と言っても、会議費や接待費は一切使わず、ただひたすら会社のために使ってきたからこそでしょう。
 
出自も複雑で、ご苦労なさった上での達観だとは思いますが、到底真似できません。
 
少しでも近づきたい、、、、、、、、とも思えません(笑)
 
私には無理です。
 
ただ、真似できることはあるかと。
 
世の中には、たくさんの成功者が様々な形で成功されています。
 
その中で、自分自身にフィットする成功者を追いかけるのが、無理のない人生設計かな。
 
クリプト業界は、昔の不動産バブル時代の成功者と似た人たちが多いです。
 
だからこそ、身を引き締めて事業に取り組むべきですね(^^)

※この記事は、2019.1.14に書かれた記事です。

参加しましたー^_^

毎日記事を配信しています。ご登録(BAND)お願いします!

毎日記事を配信しています

当ブログは SDGs を支援しています

当ブログは持続可能な開発目標(SDGs)を支援しています