『永久に投手でいたい、メジャーでダメならマイナー。そうでなければメキシコ、韓国、台湾。いやプレーできるならどこでもいい』

これは、MLB(アメリカのプロ野球)、カンザスシティ・ロイヤルズを解雇された時の野茂英雄投手の言葉です。

思えば、イチローを筆頭に、日本人野球選手がアメリカで活躍するようになったのも、この野茂投手が先鞭をつけたから。MLBオールスターで、名前を呼ばれて登場したシーンを見たときは、鳥肌立ちました(^^)
 
あの当時、MLBに行こうとした日本人は彼しかいませんでした。確かに日本では敵なしの実力でしたが、それでもそれができたことがすごい。

なぜ、そこまでして現役にこだわるのかという質問にも、「野球が好きだから」。
 
好きなことを続けながら、生きていけるってすばらしいですよね。

自分のビジネスを続ける理由が、彼と同じ人は幸せですよね。
 
私もクリプト業界で仕事ができることに幸せを感じています。

参加しましたー^_^

毎日記事を配信しています。ご登録(BAND)お願いします!

毎日記事を配信しています

当ブログは SDGs を支援しています

当ブログは持続可能な開発目標(SDGs)を支援しています