ドリームジャンボ宝くじで1等が当たる確率はご存知ですか?

あたり枚数はあらかじめ決められています。1等は1000万枚に1枚だそうで、当選確率は1000万分の1となります。

確率とは、ある偶然の出来事について、それが起きる割合を数字で示したものです。たとえばサイコロは紀元前3000年ごろのエジプト文明ですでに使われていたそうですが、次に出るサイコロの目を具体的に予測できないという点は、古代から現在まで、まったく変わっていません。

とはいえ、偶然の中にも実は奥深い法則が潜んでいます。

コイン投げをして、表と裏が出る確率はそれぞれ50%ですよね。これを実際に実験してみると、最初の10回より、100回、そして1000回の方が、表裏の出る確率がそれぞれ50%に近づくそうです。このように、ある偶然の出来事を繰り返した場合、数を重ねる度にその本来の確率に近づくことを「大数の法則」といいます。これが確率論の基本的な法則です。

トークンが宝くじのレベルではなく当たっていた2017年に対して、昨年は本来の宝くじの確率ぐらいに落ちました。
 
今年は大数の法則を意識して、関わりを持ちます。

LINE@お友達追加ボタン\(^^)/

友だち追加
パスワード保護中記事をご覧になりたい方は、LINE@にご登録いただき、お問い合わせください。

参加しましたー^_^