『親が子を思う情はいつの世にも、…』

『親が子を思う情はいつの世にも、「永遠の片思い」であるという。片思いに応えられる年齢になったとき、親はいない。墓前にたたずめば、誰もが、「ばか野郎」となじってもらいたい親不孝な息子であり、娘であろう。』

以前、誰かから聞いた言葉です。

まさに今、この言葉をかみしめています。

病床の母が亡くなりました。

ずっと妹に世話をお願いし、全くと言っていいほど介護をしていませんでした。

父の時は死に目に会うことができましたが、母とは。。。。

実家で家族葬を終え、自宅に戻った時に最初にしたのは、、、

夜に爪を切りました。

「夜爪は親の死に目に会えない」という言葉を若い頃から気にかけて、ずっとしていませんでしたから。

でも。。。。。

とはいえ、ビジネスは待ってくれません。

明日も元気に走ります。

Keiba Coinで。

LINE@お友達追加ボタン\(^^)/

友だち追加
パスワード保護中記事をご覧になりたい方は、LINE@にご登録いただき、お問い合わせください。

参加しましたー^_^