アジアの奇跡をもう一度

中国からの留学生は10万人を超えていますが、彼らのほとんどは親元から離れて必死に生きています。。。

中国人留学生の平均的生活実態(10年前)は、年収 240万円(月20万円)、学費 80万円(年間)、アパート代 70万円(年間)とのことで、ここから仕送り、生活費を捻出(汗)。

今はもう少し良くなっているかもしれませんが、それでも日本人がやりたがらないコンビニのバイトをしているところをみるとギリギリの人が多いですよね。

尖閣諸島問題が過熱した頃、その留学生をいじめる人が多かったらしいです。

私はいじめるべきではなく、むしろ学ぶべきだと思います。

今の日本には、ほとんど苦学生と呼ばれる人たちがいなくなったのかもしれませんが、少なくとも親のお金で学校に行けて、アルバイトのお金はすべて遊びに使える環境の若者に、中国人苦学生を罵倒する権利はないと思います。イデオロギーだけに走ってしまうと、大事なものを見失います。

エジソンは国費留学なので、アルバイトをすることなく勉強にフォーカスできたとは思いますが、それゆえに大学受験は浪人となるとビザが停止され、留年ももちろん許されなかったとのこと。

だから真剣。

日本の高校はエジソンに受験料を出して早稲田慶応そしてMARCHを受験させたそうです。

無事全部合格したので、学校は合格者の水増し?ができたんですね(笑)

今の中国人苦学生からは、日本が「アジアの奇跡」と言われた時代にオーバーラップするものが見える気がします。

日本もクリプト業界は元気がありませんが、中国は元気です。

中国嫌いな人も(笑)、良いところは学びましょう。

彼らの力は間違いなく我々に元気を与えてくれます。

コメント
本当に立派ですね。
“Stay hungry〜”

ところで、一昨日、Keiba Coinのテスト版アプリケーションが完成したそうです。
このアプリケーションは中国で6月よりテスト稼働するKeiba Coinプラットフォームで、近々、アプリお披露目会を行うようです。
詳しくは、CJ Impactまで。
(追記:ワン太郎より)

LINE@お友達追加ボタン\(^^)/

友だち追加
パスワード保護中記事をご覧になりたい方は、LINE@にご登録いただき、お問い合わせください。

参加しましたー^_^