泥酔女子

本日は、エリート集団との商談。

麻布高校〜東大卒の経営者とその友人。二人とも輝かしい経歴。それとエジソン。

私一人だけ外様のような。。。。w

しかし商談は順調で、かなり前向きな反応。大学やキャリアだけではないビジネスの奥義(^^)

さて、帰りは麻布十番から電車で帰宅。

大岡山で乗り換えたところ、若い女性が席を二つ占領して横になって寝ていました。典型的なOLスーツを着たまだ若い子。

自由が丘に近づいた頃、隣に座っていた女性が彼女を起こそうとしました。そして前に立っていた男性も。

てっきり知り合いかと思いきや、全くの他人。自由が丘は時間調整で数分止まることもあり、女性は一度外に降りて駅員を呼んできました。

駅員が起こそうとしましたが起きません。。。。

結局駅員二人掛かりで持ち上げて車椅子で連れて行きました。その間5分以上の電車遅れ。

たくさんのライバルから勝ち上がった中国エリートの話を聞いた後に見た光景ですから気持ち悪くなりました。

これがアメリカなら間違いなく身の危険MAX。

情けない(涙)

それにしても日本人は優しいです。別の女性は自分のトレンチコートをその泥酔女にかけてあげていました。

汚物を付けられてもおかしくないのに。

日本の良い面と悪い面が交錯しているような出来事。

でも間違いなく世界的な競争力は低いです。

昔の女性は電車で椅子に座ることもためらいました。スカートにシワができるから。

毎日エジソンから中国の競争社会の話を聞いているので、絶望を感じます。

日本がクリプト社会で世界をリードするには、こんな根本的なところから変えないといけないのでしょうね。

頑張れ。日本!!

参加しましたー^_^

毎日記事を配信しています。ご登録(BAND)お願いします!

毎日記事を配信しています

当ブログは SDGs を支援しています

当ブログは持続可能な開発目標(SDGs)を支援しています