「トムソーヤーの冒険」を書いたマーク・トウェインという作家は、どうやら気が短かったようです。

この小説を読んだ読者から、数々の批評が手紙で届いたので、それに対していちいち手紙で反論していたそうです。中には納得のいかないものも多々あり、過激な文章で送り返したとか。。。。。

しかし、このことでのトラブルは一切なかったそうです。

理由は、マークが書いた手紙を奥さんが投函しなかったから(笑)

本人は、反論したことで、それなりに自分自身で納得しています。読者も自分の思いを作者に伝えて納得しています。

もしかしたら、WINWINの関係が成り立っていたのかも。

頭にくることを言われたりメールされたりして腹が立ったら、相手に分からないように反論してみましょう(^^)

何日か経つと、何のことか忘れていますよ。

毎日色々なことがありますので、いちいち苛立をキープすることはできないでしょうから。

クリプト業界は意外に狭くて、色々な人から人の悪口を聞きます。そこにいるだけで同調していたといわれるでしょうから、その話を聞いてしまった時点で「アウト」(笑)

人間って面倒くさい(^^)

言霊は大事にしないといけないと思います。

人のこと言う暇あったら自分自身を磨かないと、クリプト業界では勝ち抜けないかと。

マークの奥さんみたいな存在がいればいいですけどね〜

今日も前進あるのみ(^^)

LINE@お友達追加ボタン\(^^)/

友だち追加
パスワード保護中記事をご覧になりたい方は、LINE@にご登録いただき、お問い合わせください。

参加しましたー^_^