まもなく、“あのコイン”が爆上げします!

こんな売り文句がネット上には日常茶飯事で載ってきます

本当にいいんでしょうか、爆上げって。

爆上げすれば、爆下げする可能性が高くなります。

なぜなら爆上げする前に保有した人が一斉に利益確定を急ぐからです。

一度下がり出すと、そこがてっぺんだと悟り、多くの追随者が売り出します。

結局、爆上げの途中で手にした人たちは、梯子を外されることになり、「狼狽売り」もしくは「塩漬け」。

個人的にはこのような流れではなく、事業の拡大に伴って徐々に上がっていく成長曲線を描くコインに惹かれます。

まあ、事業とリンクしているコインでないとそうならないですけど。。。。

将来のビジネス構想がすごいという流れは、ビジョン系ビジネスの典型。

その通りにならないことが多いです、経験上。

ケイバコインプロジェクトは、先にビジネスがスタートします。

そしてそのビジネスで必要なトークンが、ケイバコインとなります。

本来のトークン(代替通貨)です。

このマーケットはゼロサム(得した人と損した人を足すとゼロになる)ですから、タイミングが合わなかった人が損をするのは当たり前という考え方もありますが、マーケットを広げることによるゼロサム脱皮ができれば、より多くの方々に得をしてもらえるはずです。

こんなことを考えながら、事業を進めていきます。

コメント
板が薄いと、爆上げ爆下げしますね。
噂を流すだけで、簡単に爆上げできます。
自分は買わなくても、みんなが買います。

やり方としては、噂を流す前に底値で仕込んでおくか、利益が出る値に売り板を並べておくだけなんですね。

例えば、今日の記事タイトルで、このページを開かれた方は多いと思います。

「まもなく、“あのコイン”が爆上げします!」

おそらく、今日の記事は、過去最高のアクセス件数だと思いますが、みんなが開くこの記事に、

「○月○日に某コインに50億入るという有力な情報を得ました。最低○円までは上昇させるらしいから、今が買い時です!」

と書く。
そうすると、その噂が広がって、多くの人が、その前に買おうと思いますよね。
こうして人に買わせておいて、その日が来る何日か前に、値が上がったところで、自分だけが利確するんです。その後、50億は入らない。「どうやら延期みたい」と言っておく。

これは、よく某国系のコイン企業が使う手口です。
某国系は、日本人を相手に、特にえげつないやり方をします。

こういうのは、幻と思って良いです。
幻に踊らされるのは良くないですね。
まず、爆上げ爆下げは、幻だということに気づかないといけないですね。

(※暗号資産の幻シリーズって他にもあって、例えば、ロック中の値、というのも幻です。爆上げしてるんだけどロックされていて売るに売れないというものなど。こういう場合、ロック解除寸前で爆下げ操作されていることが多いです。板が薄いために爆上げを見せてられるわけで、ロック中に顧客を集められなければ、ロック解除前に、その見せかけ資金を抜いてしまって爆下げ。これも知っておいたほうが良いです。)

為替市場のように、市場規模が大きければ、個人が大きく利益を得たからと言っても微動たりともしませんから、みんなで利益を得ることが出来ます。

ところが、暗号資産市場は、まだまだ板が薄い上に、大量保有者が必ず居ますから、簡単に爆上げして、一瞬でみんなの資金を持って行かれます。
提灯で参加すると大変危険な目に遭いますから、注意が必要です。
すぐに値を上げるという情報には興味を持たないほうが良いでしょう。

そして、コイン毎の時価総額を見ておきましょう。
(追記:ワン太郎より)

LINE@お友達追加ボタン\(^^)/

友だち追加
パスワード保護中記事をご覧になりたい方は、LINE@にご登録いただき、お問い合わせください。

参加しましたー^_^