その昔、コンピュータソフト会社で頑張っていた時。

アメリカ本社が開発しているソフトウェアを日本版として販売していました。

各社がしのぎを削っている中、マイクロソフトと競合している企業は皆苦戦していました。

例えば、マイクロソフトと同じ表計算を販売している会社は、まず勝てませんでした。

なぜならコンピュータ雑誌の記事では、マイクロソフトのエクセルに対する評価が高すぎ、他のソフトに対して辛口な評価となるからです。

雑誌社はその雑誌の売れ行きよりも、広告を掲載してもらうことの方が大きな財源です。

マイクロソフトはOSであるWindowsの利益を使い、様々な雑誌に広告を載せます。

それゆえ、雑誌社も記者もマイクロソフトの製品にマイナスを出せない。。。。。

この「悪循環(汗)」です。

マイクロソフト製品の高い評価記事を読んでさらに売れ行きが上がり、またその利益を使って広告を出してプレッシャーをかける。。。。

ずっとこの連続でした。

テレビのCMも同じですよね。

大企業がさらに大企業になっていく仕組みです。

そこに風穴を開けるのは至難の技。

結局、マイクロソフトの覇権に待ったをかけたのは、業界そのものが変わった時。

検索エンジンで覇権をとったグーグルが「ネット広告」という手法で収益を上げたこと。

今ではプラットフォーム(土台)を提供する企業、サービスが覇権を握ります。

Instagramでたくさんの人が自分の情報、嗜好をさらけ出します。それをビッグデータとして解析し、さらにその人への新しいサービスを提供して利益を得る。

アメリカのプラットフォーム企業が覇権を握り、マイクロソフトをなんだか古めかしい企業のように見せてしまいました。。。。

一般広告からネット広告へ変遷したことが、このような逆転現象を生み出したのです。

競馬業界は、ブロックチェーンにも、クリプトカレンシーにも、さらにはそれらを使ったプラットフォームにも付いてきていません。

先を行きます(^^)

コメント
いま、2時25分銀座です。
Mr.Oちゃんが酔い潰れてますので話し相手がマスターしかいません。
ワン太郎は、何故か冴えてます^_^
あ、飲む前に、ビタミンEを大量に摂ったからか?
何杯飲んだんだ?
何十杯?
今日のワン太郎会、とっても楽しかったです。
初対面のオフ会でこんなに盛り上がるなんて、最高!
みなさん、本当にご縁を感じます^_^
素敵な方ばかり。
レポートは、明日か明後日に書きます。
も少し飲みたい。
森先生、Mr.Oちゃん、近々、熊本に行きましょう^_^
Nさん、熊本に行きますので待っててください。
ちなみに、この原稿は、Mr.Oちゃんのストックから^_^
銀座のショットバーからワン太郎でした。
(追記:ワン太郎より)

LINE@お友達追加ボタン\(^^)/

友だち追加
パスワード保護中記事をご覧になりたい方は、LINE@にご登録いただき、お問い合わせください。

参加しましたー^_^