安倍内閣の目玉政策の一つ

キャッシュレス戦略(キャッシュレス・ビジョン)

最近出てきたと思ったら、世の中でこのキャッシュレスが騒ぎになっています。

7ペイはひどいですよね。

二段階認証がなかっただけでも驚きですが、その存在そのものも幹部は認識していなかったらしいですし。。。。。

鈴木敏文さんのいないセブンイレブンって、エンジンのない車みたいなもので、前に進まないのかもしれません。(言い過ぎだったらごめんなさい)

世界では色々なスマホ決済システムがあります。

  • Mペサ」ケニア中心にアフリカで普及した仕組み。
    銀行が少なく浸透していない地域はこの仕組みで決済をします。またスマホは高価で買えない人もSIMカードならなんとか手に入り、そこに自分のデータを入れておきます。一台のスマホを共同購入。
  • ペイパル」アメリカで、リーマンショックが原因でクレジットカードが使えなくなった人にとって必要不可欠となりました。
  • アリペイ、ウィチャットペイ」中国ではクレジットカードが普及する前にこれらが普及しました。元々自国通貨人民元に対する信用が低いのと、カードリーダー機器が高かったこと、そして国もこれら2つのスマホ決済アプリで国民の資金の流れを管理したかったのでしょうね。

ここに暗号資産が10年前に登場し、これらに絡んできています。現在の国家通貨制度への疑問が原点にあると思いますが、クリプトは上記の決済アプリとしばらくの間は共存共栄していくことになるでしょうね。

さて、日本では「ファミペイ」「PayPay」などのスマホ決済アプリは普及するでしょうか。

私はかなり大変だと思います。

それはSuicaから始まりモバイルSuicaという便利だと感じられる仕組みがすでに浸透しているから。

モバイルSuicaはスマホをタッチすれば払えますが、ファミペイとかPayPayはそうではないです。アプリを立ち上げる必要があります。

  • ファミペイはアプリを立ちげ、バーコードをお店に読み取ってもらいますが、チャージはレジで現金もしくはクレジットカードとかになります。カードはファミマカードを申し込みしないといけないみたいです。私は持ってないので現金をチャージすることになります。Suicaに券売機でチャージするぐらい仕組みが逆行している感じです。
  • PayPayのチャージはヤフーカードでできます。これはたまたまヤフオクのために以前作ったので使っていなかったのにこのアプリの時だけ使うことになりました。
    でも引き落とし銀行が今使ってないので、その銀行に残高を上げておかないといけないのもまた面倒です。

チャージだけならまだしも、レジでアプリを立ち上げるという行為は、せっかちな現代人にとってどうでしょう。

モバイルSuicaなどの端末機が導入できないような小さなお店はお互いのスマホだけで支払いを完了させられることで大きな意味があるでしょうが、それも端末機の価格が落ちてきたら。。。。

国によって決済システムの進化はバラバラです。

だからこそ、共通システムとしてのクリプトはいいと思いますけど。

問題はその決済覇権を誰が押さえるか。

Facebookも簡単にはいきませんし。

少なくとも私はファミペイ、PayPay、楽天ペイを使ってみて、またモバイルSuicaに戻りました(^^)

これもキャッシュレスですから、国の方針には沿っています(^^)

毎日駅で電車に乗る前に小銭を銀行で入金しています。

コメント
ほんと多すぎてついていけないです。
群を抜いたものが出てくれば淘汰されていくんでしょうけど、それが体内埋め込みチップとも思えないし。
もしそうなるとしたら、いままであった、尊いものが消えていく気がして残念です。

決済手段は、しばらくは共存でしょうけど、カードとかアプリが増えてもややこしいです。
Suicaは便利に思えます。あとは良く分からないので使う気がしません。

いままであった、尊いもの素晴らしいものを新しく創造することによって残るのでは?
そのためには、ETHに限らず、スマートコントラクトみたいなのは使えるんじゃないかと思うんですよね。
(追記:ワン太郎より)

LINE@お友達追加ボタン\(^^)/

友だち追加
パスワード保護中記事をご覧になりたい方は、LINE@にご登録いただき、お問い合わせください。

参加しましたー^_^