投資、投機、ギャンブル

自己資金が自分の手元から離れるところまでは一緒ですが、そのあとの流れは随分違ってきます。

投資とは、一定の成長が見込まれる対象に資金を投じることにより自らの資産を拡大させる行為をいいます。
株式投資という言葉はあっても株式投機という言葉は一般的ではありませんよね。
これは特定の企業の成長性を見越して資金を投じますし、経済効果も含めての判断になることが一般的。基本的に長期的な見方をする場合が多いです。

そのため、投資は「プラス・サム」の経済行為であると表現されています。

投機とは、変動が生じる資産価格の差益(サヤ)獲得を目指して資金を投じます。FXや株のデイトレードなどがその代表例で、いずれの場合も、「誰かの損失が誰かの利益になっている」のが特徴。

投資のようにプラス・サムではなく、「ゼロ・サム」の経済行為。(「ゼロ・サム」は別掲載を

さらに投機家は、その対象の成長性(価値向上)を気にしません。私の知り合いのデイトレーダーは、会社情報(IR)は絶対見ないと言っていました。そうでないと感情コントロールが難しくなるそうです。もちろん毎日利益がプラスマイナス(汗)。自己資金の増減を長期的に見る人はいません。

ギャンブルとは、特定のゲームにお金を投じた者同士が競い合い、ゲームの勝者が一定の割合で賞金(配当)を受け取る仕組み。通常、すべての掛け金から“テラ銭”と呼ばれる運営料が徴収され、その残りが配分される仕組みです。たとえば、パチンコであれば約15%、競馬であれば約25.9%、宝くじであれば約54.3%がテラ銭として回収されています。

これを見る限り宝くじ協会(?)が横暴である(笑)のが一目瞭然。前にも書いた私が宝くじを買わない理由でもあります。

さて、暗号資産への資金投下はどこになるのか。

それは投げ方で変わります。

ケイバコインに関しては本来ギャンブルである競馬に投資を持ち込むことでギャンブルのワクワク感と投資による安定感の両方のメリットを活かしたいと思っています(^^)

LINE@お友達追加ボタン\(^^)/

友だち追加
パスワード保護中記事をご覧になりたい方は、LINE@にご登録いただき、お問い合わせください。

参加しましたー^_^