「今後は、取引所破綻ラッシュだと思います。」

「今後は、取引所破綻ラッシュだと思います。」

先日、ワン太郎からこんなメッセージが来ました。。。。

そうです。私もそう思います。

今後は、とは次に来るという意味だと思います。

この業界は、まずトークンICOが割れました。

2018年のある時期から突然。

期待されていたトークンで全くICO時に購入できなかったものがいきなりICO割れ(汗)

ICOが全くダメになった後、人々の注目はマイニングに移りました。

ところがその集中のタイミングでコイン価格が暴落しました。

たくさんの参入があり、マイニング難易度が上がったにも関わらず、コイン価格が下がったことでこの業界も退出者続出。。。。

そして次が冒頭にある「取引所」です。

確かに取引所で成功すると大きい。

手数料収入ですから、コイン価格が上がっても下がっても絶えず収益(手数料)が出ます。

業界1位のバイナンスが、初年度の決算で利益1000億円を超えたことも目を引きました。

でも。。。。。。

こんな取引所は数社です。

利益が出ている所は何社あるでしょうね。

しかもユーザーは大手に絞って口座開設をする傾向にありますから、イメージは1:99でしょうね。

金融界で騒ぎになった「俺たち99%」と同じです(^^)

この分野も参入者が多すぎて、冒頭のようなことになるのです。

ワン太郎の分析は間違いないと思います。

コメント
過去のコメントでも書きましたが、世界の取引所の総数を見たら飽和状態だと思いますね。

先日、某国の取引所が消滅していたのに気づきました。
皆さんも、取引所にはトークンを置かないようにしたほうが良いかもしれません^_^

ただ、「配当型取引所トークン」の場合は、置いておかないと配当が出ないです笑。
その取引所に新規ユーザーが入り続けなければ、配当も減ってしまうか、もしくは配当ストップになります。
最近は、誰に聞いても「暗号資産には手を出すな!」という風潮になってきているのでユーザー獲得は大変でしょうね。

取引所が破綻したら、「取引所トークン」は終了です。
結局束の間の「取引所トークン」ブームでしたね、てことになりそう。

ワン太郎は、ほとんどバイナンスしか使いませんでした。
出金も早いし、安定しているし。
弱小取引所は、出金申請をしてから「審査中」の表示が出て、半日くらい待たされてから出金が完了します。
そんなに遅いのは使ってられないですよね。
安くて早くてというのが一番です。

ただ、トークンの上場と無名取引所のユーザー獲得戦略がセットになってます。
これ、考えたら危険ですよね。
そのトークンを取引するときだけしか、その取引所を使わないのですから。
しかも、板が薄すぎて、BTC、ETH、USDTですら、簡単には取引出来ません。

取引所が破綻した途端、トークンの上場先が一個消えてしまうことにもなります。
また、トークンのコレクターは、取引所アカウント管理も多すぎて大変ですよね。

色んな意味で、冷えてきてる業界だと思います。
ワン太郎は、いつも辛口コメントですけど笑。
(追記:ワン太郎より)

LINE@お友達追加ボタン\(^^)/

友だち追加
パスワード保護中記事をご覧になりたい方は、LINE@にご登録いただき、お問い合わせください。

参加しましたー^_^