世界中から仕事が来る

以前から関わりを持っているソーシャルメディア系トークンのオーナー企業の社長がドイツから来日しました。

リスケジュールをしてかなり大きく変わることになるのですが、またどうしても一緒にやって欲しいと懇願されています。

これは英語力とか資金調達力を超えた、何かがあります。

他にも色々な方々が関わっていますが、彼らがいなくなっても私にはいて欲しいと言われました。

手前味噌になるかもなので(笑)、言いづらいですが、悪いことではないのです。

一つ言えることは関わったことに関しては、最後まで諦めないで関わる。

それが間違った方向に行ってしまい、もうダメだと思ったらそこは宣言して撤退します。

今のところ、この業界で関わったもので、ここまできたものはないです。

しかしながら、自分がオーナー企業に入っていない場合、自分とは違った意思が働いて方向が変わることはあります。

今回、競馬コインプロジェクトは自分がオーナー側にいます。

そしてたった三人で進めている事業なので、二人がOKを出したら前に行き、二人がNO
を出したら止めるというスピード感で動いています。

この事業以外は全て外部スタッフ。

今回のドイツのプロジェクトもそうです。だからやめないけれども、心はどこにあるかな。。。。

少し前もロンドンから来ましたし、仕事は断っても断っても来ます。

しかし日本ではトークンの訴求はなかなか難しい。。。。

やはりトークンがなくても成り立つケイバコインは強いです。改めて思います(^^)

ちなみに、コインはなくなりません。

参加しましたー^_^

毎日記事を配信しています。ご登録(BAND)お願いします!

毎日記事を配信しています

当ブログは SDGs を支援しています

当ブログは持続可能な開発目標(SDGs)を支援しています