リブラの行方

米フェイスブックが導入を計画している暗号通貨(仮想通貨)「リブラ」の運営団体「リブラ協会」。

脱退が続いていますね。

少し前に、米決済サービス大手ペイパルがその発表をしましたが、今度は米電子商取引のイーベイ、オンライン決済のストライプ、クレジットカード大手のマスターカードです。

そもそも賛同していた会社のレベルが高かったので、脱退も印象としては大きなダメージに聞こえます。

大きな圧力があったようではありますが、それもよくわかりません。

そろそろ調べてみる必要があると思っています。

ただ、それを調べたところで評論家になるだけ。

要するに仲間と美酒が飲めるようになりたいだけなので、世界レベルで何かを考える必要もないかもしれません。。。

それにしてもリブラはクリプト業界のあり方に大きなメッセージを残していますので、やはり少しは調べるべきですね。

詳しい人は教えてください(^^)

コメント
Amazonはもともと加入してなかったのですが、ここ1社だけでも今後もし加入するようなことがあればまた流れが変わるかも。。。
引き続き沈黙状態ですけどね。何か別のことを考えているかもしれませんね。

しばらくは、反対勢力、賛成勢力、このまま2つに分かれたままでしょう。国家権力が動いてますし。
いずれにせよ、非中央集権推進派は根強く残っています。

仮に中央集権であっても、「企業が」「個人が」というのではなく、これが、全世界が国レベルで一致団結し、通貨が統一することによって様々な問題は解決するのではないでしょうか?
まあ、現状、時期尚早ですね。

その場合の承認機関は、企業ではなく、例えば国単位。
大きなところでは連邦政府の中央集権で取りながら。
これって、秩序があって美しいと思いません?笑。

地球は、あらゆる揺さぶりを掛けられた上で、長い時間をかけて、本来行くべきところへ行くんでしょうね。
そこに人類みんなが幸せな超高度文明があると思います。
そこに到達するまでは、痛みを伴わないとならないかもしれません。
覇権争いなんて、超無意味だと思いますが。
天変地変も含め、それを救済しながら祈りながら。
人智を超えてますけどね。

じゃあ、「いま」、我々には何ができる?笑。
(追記:ワン太郎より)

参加しましたー^_^

毎日記事を配信しています。ご登録(BAND)お願いします!

毎日記事を配信しています

当ブログは SDGs を支援しています

当ブログは持続可能な開発目標(SDGs)を支援しています