「月収20万」でも東京で豪遊する中国若者

日本ではこの月収で国を憂う人がいますが。。。。

不動産バブルで莫大な利益を得た親を持ち、お金は使うためにあると認識しています。というか、使わないと損すると思っています。デフレ国家日本と違い、ずっと物価が上がり続けていますから、早め早めにお金を使うのです。

日本には中国から年間1000万人が来日するそうですが、14億人の人口と比べたら、わずか0.7パーセントです。

パスポートをもっている中国人は1.2億人しかいないと言われています。海外旅行を楽しんでいるのは、経済的に恵まれた上位8.5パーセントの人だけ。とはいえ、その8.5パーセントの10分の1ですら、まだ日本に来ていないのです。

日本を個人旅行している中国人の全員が、家政婦を雇っていると言われていますから、中国人に会ったら優しくしましょう(笑)

それでもミドル層。

中国の本当の富裕層は頻繁に日本には来ません。世界を回っています。

どちらにしても、この国のマーケットを掴むと、莫大なお金が動きます。

そこに我々ケイバコインプロジェクトは絡んでいきます。

中国人の富裕層の購買意欲を鷲掴みに。

これがキーです。

コメント
10分の1ですか汗。ワン太郎のフィリピンの従業員に「日本に遊びにおいで」と言ったら、「パスポートを作るお金がないから海外に行けない」と言っていました。
そりゃそうですよね。
月給2〜3万円でフィリンピンで生活できてしまうくらいなわけですから。
だからフィリピン人は、フィリピンで働くよりも、海外に出稼ぎに行くんですよね。英語力があるから。
世界の貧困層は、凄まじいです。
(追記:ワン太郎より)

参加しましたー^_^

毎日記事を配信しています。ご登録(BAND)お願いします!

毎日記事を配信しています

当ブログは SDGs を支援しています

当ブログは持続可能な開発目標(SDGs)を支援しています