中国競馬事業着々と

ある方からケイバコインの詳細が知りたいと言われ、簡単に説明をつけることになりました。それが下記。

中国で公営競馬、いわゆるギャンブル競馬がスタートします。

このタイミングで中国初となる一口馬主クラブを立ち上げ、その馬主権利をトークンで売買する仕組みを作りました。

すでに中国版Twitterであるウェイボーでは50万人以上が集まって盛り上がっています。

馬主クラブは繁殖〜トレーニング〜出走などの全工程を管理する必要がありますが、そのノウハウも持ち、競馬先進国である日本との太いパイプを持った中国人は稀です。

エジソン・ヤンがそのトップランナーです。

彼は日本で15年間競馬を研究しその実績を提げて中国競馬界のトップランナーであるピーター・チェン氏に師事し、さらには氏のP R会社と日本国内における独占契約を締結して事業を進めています。

このエジソンにある日本のニュース番組が着目し本年10月末か11月初頭に7分間の特集でテレビ放映されます中国からの密着取材です。

この番組を中国人が知ったら、50万人では止まらないと思います。

彼らはトークンを使って一口馬主権利を獲得していきますので、流動性、買い圧力はしっかり確保できると思っています。

ケイバコインはあくまでもこの事業のために作られていますので、事業が先行する以上コインの価値が低迷することはありません。

中国15億人のギャンブル心を鷲掴みにします。

ちょっと短めです(^^)

コメント
いよいよTV放映のようですね。
皆さんもお見逃しなく^_^
もつ鍋会も楽しみにしてます!
(追記:ワン太郎より)

参加しましたー^_^

毎日記事を配信しています。ご登録(BAND)お願いします!

毎日記事を配信しています

当ブログは SDGs を支援しています

当ブログは持続可能な開発目標(SDGs)を支援しています