Wi-Fiって怖い

中国遠征で1日だけ日本に戻った際に、アップルに電話しました。

理由は海外でホテルのWi-Fiに繋がらないからです。

ホテルでいただけるI D、P Wを入れればホテルのWi-Fiにつながるはずですが、そのホテルの画面がポップアップしてこないのです。

ハワイでもかなり試してみましたがダメだったので、ホテルのI T担当者に繋いでもらい、長い時間二人で格闘しました(^^)

でも繋がりませんでした。

中国の前半も同様だったので帰国して最初にやった仕事がアップルサポートへの電話だったのですが、もしかしたらと思いウィルスバスターと言うウィルス駆除ソフトは関係ないかと聞いてみると。。。。

「現在、その不具合の報告が来ています。」

やっぱり。。。。このソフトをアンインストールしたことで無事に復活しました。

しかしいくらMacintoshがウィルスに強いと言っても絶対来ないわけではないはずなので、そこを確認したところ、言い方はオブラードに包んでいるとは言えこの駆除ソフトがなくても問題ないとのこと。そして駆除ソフト会社がソフトウェアの変更をするまで待って欲しいと。。。。強い(^^)

それよりもホテルで借りるWi-Fiの方が良くないと言われました。

大きなホテルはセキュリティー担当者が管理していますが、小さなホテルだとその辺りの対応はほとんどされておらず、ホテルのWi-Fiを使うこと自体が危険とのことです。

そう言えば前半の広州飛行場近くのホテルはお世辞にも立派とは言えず、Wi-Fiを繋いで写真を送ることすらできませんでした。

今回の中国では、日本で借りてきたポケットWi-Fiでデータ無制限プランですので、使いすぎて動かなくなることもなく、ホテルのWi-Fiには全く繋げていません。

便利になる分、不自由なこともたくさん出てきますね。

ハッキングは自分の話ではないと思っていると大間違い。

本当にたくさんの人が対象となっており、個人的にもクレジットカードの不正使用をされました。

何か新しいことを始めるときにちょっと深く考えるだけで減るのでしょうね、被害は。

うまい儲け話もちょっと考えるとわかることがたくさんありますから。

誰でも儲かるような話があるなら、貧乏な人はいなくなります。

元本保証で月に何十%も配当がある話は間違いなく気をつけるべきです。

実際元本保証すること自体、金商法違反です。

ですからケイバコインがどうなるかはわかりません。ただ、今のまま前進していけば我々は問題なく勝ち組になれると信じています(^^)

コメント
12月28日に東京で開催される「年末ケイバコインミートアップ」には、大勢のお申込みをいただきまして、誠にありがとうございました。
今日の時点で、すでに収容人数オーバーですので、締切りとさせていただきました。
年明けにも開催の有無を含めて検討中とのことです。
(追記:ワン太郎より)

参加しましたー^_^

毎日記事を配信しています。ご登録(BAND)お願いします!

毎日記事を配信しています

当ブログは SDGs を支援しています

当ブログは持続可能な開発目標(SDGs)を支援しています