オンラインカジノの還元率はおいしい?

こんにちは。
ワン太郎です。

カジノと言えば、IR汚職で大騒ぎになりました。
ギャンブルというと国が絡みます。
国と言っても、扱う為政者が人間となれば、どうしても問題は起こってしまうのかもしれません。
為政者だからこそ、本当は古典を学びお手本になる必要があると思うのです。

さて、今日は、カジノと言っても、IRではなく、オンラインカジノの還元率から思うことを書いてみたいと思います。

冒頭でも申し上げた通り、ギャンブルは、控除率が定められていて、控除された金額は、国が管理するようになっています。
経費だったり、公共のお金だったりします。
ある意味、ギャンブルをするということは、賭けた金額から差し引かれて配当されることになるので、少しは国の役に立っているということになります。

たとえば、以下の表のように、競馬の場合、10,000円を賭けて勝負したとき、そのうちの7,000円〜8,000円が戻ってきます。残りは経費だったり、国に行ったりするように調整されていることになります。

当然、還元率が高ければ高いほど、「勝ちやすい」ギャンブルということになります

各ギャンブルの還元率一覧

勝ちやすさ

ギャンブル名

還元率

管轄庁

1

オンラインカジノ

9398%

ライセンス管理

2

パチンコ・パチスロ

8085%

警察庁

3

競馬

7080%

農林水産省

4

ボートレース(競艇)

75%

国土交通省

5

競輪

75%

経済産業省

6

オートレース

70%

経済産業省

7

宝くじ

46%

総務省

宝くじは、買ってもほとんど当たらないと言えます。
買うだけ損ですが、これを「夢を買う」と表現すれば美しく聞こえます。

オンラインカジノは、90パーセント以上も戻ってきます。
たとえば、同じ金額固定で、何時間BETし続けても、当たったり外れたりを繰り返して、なかなか資金がなくららず、長時間楽しめるということです。
当然、勝率、還元率が100パーセントを割っていますから、普通に賭けていればいつかは破綻するということになります。

ギャンブルをするのなら、還元率を目安にして楽しんでみるのも良いかと思います

さて、時々、ブログで書いているオンラインカジノ自動売買システムですが、興味のある方はご連絡くださればおつなぎいたします。売っている仲の良い友達がいますので。もう数が限られているようですよ。
ワン太郎も複数台所持しています^_^

個人的には、手動でバカラをやることもあります。
かなり良い還元率ですから、なかなか負けないと思うかもしれませんが、普通に賭けていたら当然負けます
バカラの勝ち方は、マーチンや〜法などさまざまですが、実はワン太郎流があるんです。
詳しくは書けませんが、オッズが8倍〜9倍の「タイ」を狙うのがポイントです。
研究してみてください。

さて、ワン太郎はどちらかと言うと、クリプトというよりかは、庶民的に楽しめるものが好きなので、待たなくてもすぐに結果がでるものばかりです。
Mr.Oちゃんは、バリバリのクリプト専門家なので尊敬します。毎日全国飛び回り、すごいパワーです。

ワン太郎の場合は、Mr.Oちゃんのようなクリプト関係のプロジェクトは何にも関わってません。
だから、詳しく聞かれてもわからないので、いつも正直に「わからない」と答えてます笑。

「このコイン良いですか?あのコイン良いですか?ビットコイン上がりますか?下がりますか?」

「わからないですけど、良いと思いますよ。」

というだけです。

それよりも、若い頃、プロゴルファーと良くパチンコに行ったことが楽しい思い出として残っているせいか、カジノや競馬やパチンコが楽しいと思ってしまうんですね。
プロゴルファーって、実はパチンコばかり行ってる人が多いんです^_^

ただ、ワン太郎は、よくドラマに出てくるギャンブル依存症ではありません。
アルコール依存症でもないです。

タバコ依存症であることは認めてます。

先日、HOPEを1日3箱吸っていたけどタバコを止めたという親しい方と飲みました。
止める方法について話されてましたが、止めようと思ってないだけに、ついにワン太郎の脳にはインプットされませんでした笑。

これは依存症だと思うんですよね。

今日もMr.Oちゃんから記事が来ないので、ワン太郎日記でした。
最近、Pokerの世界チャンピオンの友達と仲良しなものでして、ネタはカジノ、ギャンブルでした^_^

参加しましたー^_^

毎日記事を配信しています。ご登録(BAND)お願いします!

毎日記事を配信しています

当ブログは SDGs を支援しています

当ブログは持続可能な開発目標(SDGs)を支援しています