人の悪口を言う人って

先日、ある方がOちゃんの悪口を言っている話が耳に入ってきました

一緒にやっているジャックのことも悪く言っているとのこと。

え???

Oちゃんはまだしも、その方とジャックは繋がっていません。

巻き添え(笑)

妻ともよく話しますが、妻のソーシャル仲間にも人の悪口ばかり言っている人がいるそうです。

そしてそう言った人たちは、例外なく友達が少ない、いないと言う状態。

ビジネスでつながっていればまだしも、利害関係のない友人はいなくなっていきますよね。

今回も同じクリプトの世界で活動している者同士。

すぐに噂は広がりますし、お互いに良いことないです。

少なくともOちゃんは言われたからと言い返す事はありませんし、ジャックは知らないまま(笑)

今は楽しくてそんな事を構っている暇もないですよね。

今日も元気に前進あるのみ。

コメント
悪口は言ってはいけませんね。
言ってる本人の想念も曇るし、運気も悪くなります。
ネットに「悪口ばかり言う人の末路」という面白い記事が出てました。皆さんも読んでみてください^_^
まぁ、自業自得というものでしょう。
まず、悪口を言いたくなったら、その人と距離を置き、「悪口を言わなくても良いように」すーっと離れて行くのが一番だと思います。

悪口て、どの程度が悪口に相当するのか?

たとえば、昔、

永大産業創業者の深尾茂氏が、全社員に向かって、

頭を使って知恵を出せ 知恵の出ないものは汗を出せ 知恵も汗も出ないものは、静かに去れ

と言ったことに対して、松下幸之助は、

どこかの会社の社長が、「知恵ある者は知恵を出せ、知恵無き者は汗を出せ、それも出来ない者は去れ」というようなことを、社員の人たちに言っておったそうやな、そういうことを言っておっては、あかんと。潰れると、わしはそういうように感じておった。案の定、それから数年したら、やはり倒産してしまった。
どうして、わしがそういうように感じたかというと、ほんとうは、「まず汗を出せ、汗のなかから知恵を出せ、それが出来ない者は去れ」と、そう言わんといかんのや。まず汗を出せと。知恵があっても、まず汗を出しなさいと。「ほんとうの知恵はその汗のなかから生まれてくるものですよ」ということやね。汗を流し、涙を流し、努力に努力を重ねるうちに、ほんまものの知恵というものが湧いてくる。身についてくるんや。

これは悪口のようで悪口とは言わないです。

ワン太郎も、松下幸之助の考え方に賛成です。
叡智というのは、懸命に汗水流して働いているときに浮かんでくるものであって、順番からして、汗水が先で知恵が後です。

仮にこれが悪口の部類に属するのであれば、ワン太郎も良く“悪口”を言っていることになります^_^
(追記:ワン太郎より)

参加しましたー^_^

毎日記事を配信しています。ご登録(BAND)お願いします!

毎日記事を配信しています

当ブログは SDGs を支援しています

当ブログは持続可能な開発目標(SDGs)を支援しています