飲食店の明暗

(この記事は5月17日に書かれたものです。)

先日のゲリラ飲み会で、参加者のYさんから聞いた話ですが、高円寺(だったような記憶)にこの時期に新しい飲み屋さんができ、毎晩活況とのこと。朝まで開いているそうです(^^)

またTwitterで見ましたが、銀座のある老舗料亭がずっと営業を続け、従業員の給料と、少しは減ったけれどもボーナスまでも支払うことができたとありました。

もちろん都の自粛要請に従っていないので補償はないですが、経営状態は盤石です。

それと比べ、先日打ち合わせで入った都内有名焼肉店は、コロナ限定メニューは仕方ないとしても肉が硬く、かなり不味かったです。ハイボールの炭酸も抜けていました。。。。

無理して店を開けると、こんなことにもなります。代官山、恵比寿、赤坂などかなりの立地で営業する有名店です。もう正常に戻っても行かないですね。

潔く営業をストップしている叙々苑グループに軍配が上がります。

劣化した食材で在庫処分営業することは、飲食店の命取りです。

売り上げ好調なマクドナルドなどの「そこそこの満足感」を得られる店がこの時期の勝者となるのですね。

無理をしないというのは、ケイバコインにとっては「上場」。

強引なスケジューリングは良いことがないと思います。

今、このタイミングをエジソンとしっかり練っています(^^)

コメント
20日の終値ベースで、ついにサイバーエージェントが電通を逆転しました。
わお。
広告産業は今後も業績悪化は避けられませんね。
自動車産業も悪く、他産業もかなりピンチです。
この激変の時代で、どう生き延びていくか?

最近、大きなトレーダーグループに5つくらい入ってるんですけど、なにやら、トレードは無茶苦茶盛り上がってますね。
でも、やったことない人はちゃんと勉強しながらやったほうが良いです。トレードは簡単なもんではないですから^_^
(追記:ワン太郎より)

参加しましたー^_^

毎日記事を配信しています。ご登録(BAND)お願いします!

毎日記事を配信しています

当ブログは SDGs を支援しています

当ブログは持続可能な開発目標(SDGs)を支援しています