NO TELEPHONE

NO TELEPHONE

ホリエモンが歌まで作っています(笑)

Oちゃんも度々このブログで言っていますが、電話嫌い。

会って話すことは大好きですが、電話は全てのスケジュールをくるわせますから。

ホリエモンは極端すぎますが、概ね賛同できます。

それでもOちゃんの周りには電話でしか会話をしない人がいます。

電話を出なくしたら、ラインでいつなら電話できるかと聞いてくる始末。

それで電話で話すとほとんど意味がない会話。

テキストベースなら記録も残るのに。。。。。。

ワン太郎と記事のことで話しますが、まず声を聞くことはありません(笑)

彼の起きている時間帯は意味不明ですが、送った後に内容変更なども全てラインでやりとりしています。

そのためタイミング悪く修正前の原稿がアップされることもありますが、それでも差し替えればいいだけです。

絶対電話でないと話ができないことってなんだろう。。。。

ホリエモンが都知事になったら、都庁の電話を無くしてメールのみってなるのかな(笑)

今回は別として、そんな時代がこれば面白いですね。

事業家は変化に強くないといけないと思っています。

ケイバコインプロジェクトは、あくまでも事業が先行。

その事業が大きくなればなるほど、コインの流動性、価値が高まるというスキームですから、変化に対応する能力は付けていきます。

だから電話なしでお願いします(^^)

コメント
たしかにその通りですね。
以前居た会社で、何かあるとすぐに上司に電話で報連相していたという社員が居たのですが、その上司から「おまえ、そんなことでいちいち上司に電話よこすな!」と叱られていたの見たことがあります。

その社員は、ちゃんと報連相をする真面目な社員で、メールでの報連相に切り替えたのですが、メールすら上司に読んで貰えないと言って、嘆いていて、最終的にはいじけて、自信を失くして辞めて行ってしまいました。

上司の立場としては、報連相が上がってくるのは当たり前なのですが、ちょっと変わった上司で、メールでも読まなかったくせに、ある日突然、「なんで報連相がないんだ!」と癇癪を起こす上司でした。

経験上、女性の上司は電話が好きですが、男性の上司は電話は嫌いな人が多いです。
あと、古いタイプの人も電話好きが多いですね。

ワン太郎自身は、Mr.Oちゃんと同じで、電話の時間は勿体ないと思うタイプで、ほとんど自分から電話をすることがありません^_^
LINEの一言で完結しますので^_^

時代は確実に変化してますね。
(追記:ワン太郎より)

参加しましたー^_^

毎日記事を配信しています。ご登録(BAND)お願いします!

毎日記事を配信しています

当ブログは SDGs を支援しています

当ブログは持続可能な開発目標(SDGs)を支援しています