『東京都のPCRの検査数と陽性率推移。これを見ると今回と前回(4月)の100超えは質が全然違うことが一目瞭然。

『東京都のPCRの検査数と陽性率推移。これを見ると今回と前回(4月)の100超えは質が全然違うことが一目瞭然。
現在と同様の感染数だった4月上旬の一日平均検査数は約270人に対し、今は約1700人と実に6~7倍!ということは今の感染拡大は当時より圧倒的に低い水準なのです。

狼狽えてはなりません。冷静に。』

Twitterで拾いました。

その通りなんですよね。

7分の1で考えると。。。。。

というより、この2ヶ月重篤患者は出ていませんし、死者数も毎日1から2人。

完全にピークアウトしていますし、一年前のインフルエンザ死者数が3000人だったことを考える今シーズンのインフルエンザ+コロナの死者数は間違いなくこれを下回っていることが大きく報道されないことに疑問を感じます。

また、N Yの死者も老人ホームで罹患した人を病院からホームに戻す処置をしたことが裏目に出てクラスターを起こしています。

良い数字、また失敗がわかっている内容を正しく報道しないから、国民は迷うのです。

一体どうすれば良いのか?

緊急事態宣言、ステップさらには東京アラートが全く意味なかったことは自明です。

結果論は結果論として、大阪の吉村知事のように間違いを認めて巻き直すという判断ができる政治家が東京にも欲しいですね。

Oちゃんも人の振り見てなんとやらで、失敗したマイニング事業をどのように巻き直すか、これを真剣に考えています。

もちろんケイバコインもプロジェクトの進行で間違いは正していかないといけないです。

君子豹変するですね(^^)

参加しましたー^_^

毎日記事を配信しています。ご登録(BAND)お願いします!

毎日記事を配信しています

当ブログは SDGs を支援しています

当ブログは持続可能な開発目標(SDGs)を支援しています