KYCとデューデリ

KYCはKnow Your Customerの略。要するに予審の時に使う言葉です。

そしてデューデリは、M&Aや組織再編を行う際に、買収対象企業の経営環境、事業内容などを調査したりする企業精密検査のようなもの。

今回、ヘリウムのビジネスに関わった時、数人の方からこの話をされました。

Oちゃんはヘリウムをデューデリしたのかと。。。。。。

するわけないです。

バイナンスが上場を許したコインの大元をデューデリする必要性はありません。

むしろ向こうがOちゃんのKYCをとってもおかしくないです(笑)

最近プレゼンでもよく言いますが、ピーク時の話ではありますが、オリジン弁当は出店時に一切の市場調査をしませんでした。

出店候補地の近くにセブンイレブンやファミリーマートがあるかどうかを見るだけです。

なぜならば、彼らが綿密なデューデリをしているから。

そんな調査費用を使うよりも、出店における他の費用に回す方が良いですよね。

長くビジネスをしていると、この辺りの判断が人それぞれですが、ちょっとずれた判断基準を持っている人が多いこともわかります。

我々庶民の調査って何?

バイナンスは地球記録を持っています。

設立一年目の利益が1000億円を超えました。

地球上でこの利益を出した企業は一社もありません。

売り上げではなく利益です(汗)

その会社でも間違いはありますが、少なくとも我々よりは正確ではないでしょうか(^^)

ヘリウムのIOT戦略が間違っていれば、我々以上に彼らが気付きます。

ビジネスはスピードとタイミングです。

この2つを見誤ると、関わる意味さえ失われます。

走る時は走る、ブレーキをかける時はかける。

メリハリをつけながらも、急いでビジネスを取り組みます。

コメント
いろいろあるんですね。
デューデリですか。
なるほど。

ただ、ヘリウムもバイナンスUSで上場しているんでしたっけ?
それはファイルコインでしたっけ?

よく分かってないワン太郎笑。

USだとしたら、SECの調査もすでに入っているはずでは?
ワン太郎は、ヘリウムも購入してませんし、関わっていませんので全く分からないですが、一般論として、SECはむちゃくちゃ厳しいということだけは分かります^_^

デューデリの話題が出るということは何かあったのでしょうか?

ところで、全く話は変わりますが、トランプの感染て本当なのでしょうか?笑。
アメリカでは様々な思惑があるようですね^_^
完治したら選挙にプラスに動くかも。。。

ところで、また話は変わりますが、最近、夜空の雲が神秘的です。

ワン太郎は、今週のトレード戦略を分析中^_^
ただ、日足レベルの一目均衡の雲の中。
無茶できない時期ですよね^_^

ということは、あと数日は東京に帰らないでゆっくりしてようかな笑。
なーんて^_^
(追記:ワン太郎より)

参加しましたー^_^

毎日記事を配信しています。ご登録(BAND)お願いします!

毎日記事を配信しています

当ブログは SDGs を支援しています

当ブログは持続可能な開発目標(SDGs)を支援しています