出資者との打ち合わせ

ケイバコインプロジェクトが始まった時、まだどのようなスタイルで資金調達をするかが決まっていない中で、Oちゃんの友人の一人、Iさんがエンジェルになってくれました。

また出資社員制度を構築するため、ご自身で持っていたLLC(合同会社)を提供してくれました。

これらの資金と仕組みがなかったら、今のようにプロジェクトが進んでいません。

本当に感謝しかないです。

それにも関わらず、コロナの影響とはいえ計画が遅れたことのきちんとした報告を怠っていたので、お叱りを受けてきました。

カフェで話をしている時は随分エキサイトして関係を白紙に戻しかねない勢いでしたが、最終的に落ち着き、二人で焼き鳥を食べて別れました。

やはり、大事な話は顔を合わせて話す必要があります。

高齢のご両親をケアされているので、あまり会わない方がいいのかなと思っていましたが、それはこちらが決めることではないですからね。

とはいえ、Oちゃんはマスクなしで生活していますが(^^)

プロジェクトを推進するということは、細部まで神経を行き届かせる必要があるということを改めて痛感しました。

それにしても競馬関係者は金持ちが多いです。

お付き合いもお金がかかります。

今日のように焼き鳥で済んだのは助かりました(^^)

コメント
コロナですからね。
時間がかかるでしょうけど、楽しみにしてます^_^
(追記:ワン太郎より)

参加しましたー^_^

毎日記事を配信しています。ご登録(BAND)お願いします!

毎日記事を配信しています

当ブログは SDGs を支援しています

当ブログは持続可能な開発目標(SDGs)を支援しています