大井競馬場での落胆

11月3日は、大井競馬場で当プロジェクト所属の「ビッグゴシップ」が走りました。

下馬評でもかなり期待できなかったのですが、結果もその通り。。。。。

何位だかわかりませんが、一位争いにも参加できず。。。。。。

ただこの日は大井競馬場にとって特別な日。

所属の的場騎手が黄綬褒章を受けたことでの表彰式がありました。

紅綬褒章、緑綬褒章、黄綬褒章、紫綬褒章、藍綬褒章、紺綬褒章の6種類がある中、黄色は多年にわたり仕事に励んできた、人々の模範たるべき人に対して授与される栄典とのことです。

的場騎手は1956年生まれの64歳。レジェンドです。

大井の帝王」と呼ばれるぐらいですからね。

タイトルの数もすごいです。

この歳まで騎手ができることがすごいです。

70歳までやられるのかな。。。。

そしてこの日はもう一つ、中央から3レースが出張で来ました。

エジソンはそれも楽しみにしていたようですが、Oちゃんはクールに帰りました(笑)

競馬にどっぷり浸かるのはエジソン、Oちゃんは冷静に事業全体を見ます。

所属馬の出走、レジェンドの表彰、中央のレース。そして、大井競馬場70周年。

エキサイティングな1日。

コメント
黄綬褒章おめでとうございます。
的場騎手といえば、競馬ファンなら誰でも知ってます。
昔、よく馬券に絡めてました^_^

ところで、今日は土曜日でした。
ワン太郎は平日はチャートを見てますが、大統領選や指標の関係で平日の予定は全く予定が立たず流動的で、関西入りについても突然決まったり突然行くのをやめたりして、トレードチャンスは突然やってくることもあり、なかなか友人と遊べないので、常に一人で行動してます。
土曜日はトレードがお休みだったのですが、飲み仲間も予定が立たなかったので、一人でご飯を食べてきました。

うまかったです。
皆さんも是非^_^

中国ではとても有名な北京ダックのお店の日本店です。
過去、北京に行った時、一度食べたことがあります。
当時の写真を探したのですが見当たらず。

今日の写真はこれ。
↑前菜が全ておいしすぎて、一気に食べました。
おそらく人と行ってたら、会話を楽しもうよと叱られるでしょうね^_^

↑フカヒレスープも人の目を気にせず一気飲み^_^

↑魚。最高にうまい。

↑店員さんがわざわざ席まで出張してきてくれます。

↑これは砂糖を振りかけて食べるパターン。
以前、中国で食べたときは、砂糖ではなく、自分で野菜とか巻いて食べました。

↑これは店員さんがいろんな具を巻いて食べさせてくれます。

↑巻くとこんな感じ。

↑ワン太郎はこれ大好物です。

↑坦々麺

↑最後にデザート。

以上のコースで10,000円です。
すべて妥協を許さない完璧な料理です。
さすが全聚徳

まだ高いコースありますヨ。
一人で食べるだけですので、ちょっとランクを落としました。
あと10,000円のワインをボトルで頼んで、合計20,000円の夜ご飯でした。

中国のイメージって、広すぎますね。
良いイメージ、悪いイメージ様々です。
ワン太郎は、中華料理のイメージとジャッキーチェンやブルースリーのイメージのままの中国であって欲しいと思います。

ちなみに、毎日こんな贅沢しているわけではありません。

トレードやっている平日は近所で650円の肉野菜炒め定食ですし、一日一食が基本です^_^
食べるのを忘れてトレードしている日ばかりです^_^

そんなもんです。

個人的には、贅沢はしない方が良いと思います。

ある富豪が言った言葉で、「ブランド力のない人は、ブランドの力を借りてブランド力を見せている」というのに共感しました。
また、別の富豪は、「資産価値というのは、収入から出費を引いた額のボリュームなんだ」と言うわけですから、両者とも本質を見てますね。

豪遊してちゃらちゃら無駄遣いはしないほうが良いと思います。
無駄遣いしたら、資産が目減りするわけですからね。
その時点で、その人の資産形成能力が分かります。

賢いし尊敬しますね。
こういう友人と付き合いたいものです。
最低限の身だしなみはとても大切です。
それ以外は目立たないようにするのが一番です。

ワン太郎の場合、チャラチャラブランドを見せつけている若者を見た途端にその若者とはお付き合いしません笑。

それに、悪い大人は、そういう若者を見た途端、

「カモにしてやろう」。

と狙っていることが多いです。

気をつけたほうが良いです笑。

素朴な生活が素晴らしいと思います。
贅沢するよりも、『鬼滅の刃』を観て、今日も一日充実した〜と喜んでいるほうが内容が濃いです。

人生そんなもんです。
(追記:ワン太郎より)

参加しましたー^_^

毎日記事を配信しています。ご登録(BAND)お願いします!

毎日記事を配信しています

当ブログは SDGs を支援しています

当ブログは持続可能な開発目標(SDGs)を支援しています