データを冷静に見る

Oちゃんは、オラクルでデータ分析をやっていました(^^)

セールスの傾向を分析して営業にその結果をレクチャーしたりしていましたので、データへの思いは強いです。ですからワイドショーの大騒ぎには全く耳を傾けることなく、ただひたすらデータを見ています。

ます、このグラフを見てください。

「新規感染者数」などという統計的に無意味な指標で騒ぐのはやめるべきだ。「人口あたり死亡率」でみると、欧州は明らかに第2波が来ているが、日本は(欧州の基準では)第1波さえ来ていない。今でも欧米の最低水準。

コメントは経済学者の池田信夫氏です。

これは京都大学ウィルス研究者の宮沢先生。経済破綻を危惧されています。ノロウィルスは20から50個で感染するそうですが、今回のコロナは1万個以上でないと感染しないと言われています。宮沢先生はワイドショーにはなかなか呼ばれませんね、人々に安心を与えるから。。。。。。

北海道も

「札幌のコロナ病棟で働いていますが、入院者の99%が軽症または無症状。残り1%は、80・90代の基礎疾患持ちのお年寄り。お年寄りのご家族は、寿命だからと積極的治療は希望せず。現場からは以上です。」

無症状、軽症者を入院させれば、当たり前ですが病床は足らなくなりますよね。

下記は実効再生産数(詳しく知りたい方はググってみてください)です。日本国内の平均より低いです。

P C R検査を拡充すれば、当たり前に感染者は増えます。

栃木県も陽性であればほぼ無条件に入院らしいです。。。。。友人が今入院しています。

さて、ここから視点が変わります。


この得票数を見て疑問を感じない人っていますか?

オバマ元大統領が誕生したときって、アメリカの盛り上がり方ってすごかったですよね。

それと比べて尋常ではない選挙参加者って本当?

そんなことってありますかね。。。。

全てが全部繋がっているような気がします。

個人的には、ケイバコインがどのように上場すれば、価格が安定するか、などを真剣に分析するために頭を使っています。

データは冷静に見れば、本当に先が見えてきますよ(^^)

参加しましたー^_^

毎日記事を配信しています。ご登録(BAND)お願いします!

毎日記事を配信しています

当ブログは SDGs を支援しています

当ブログは持続可能な開発目標(SDGs)を支援しています