ズーム満載の週末でしたが、NO TELEPHONE

マイニングプロジェクト、ケイバコインプロジェクト、そしてジャックのイーサコイン。

それ以外に個別のズームミーティングが相当入っていましたので、それなりに疲れました(――)

しかし、その間に電話は入りませんでしたので、ミーティングやウェビナーを邪魔されることはありませんでした。

徐々に普及してきましたね、OちゃんのNO TELEPHONEポリシー。

ホリエモンが大々的に言いまくっていますが、それでも電話でないとダメな人が多いです。

徹底的に出ないようにするしかないのかな。。。。

でも電話、ズームではなく、会って話したいですね。

それが一番。

人間って顔見ながら話さないと落ち着かないですよね。

ズームのウェビナーも相手の顔が見えない、話がウケているかどうか、全くわからないときついです。

次の投稿でそれぞれのプロジェクトの進捗を報告します(^^)

コメント
テスラの直後、やはり米株が下落してきてますね。
テスラそのものが過大評価されて買われすぎでしたので、売られて当然だと思います。
上げ続けた米株も一度下げなきゃ上がれませんので、今は下げている状態です。
ただ、それほどは下げてこないかと思うんですが、下げるとしたらコロナ変異種絡みですかね。

株が売られて一旦ドル需要が高まるので、ドルインデックスは少し上昇してきました。

コロナ変異種感染により、欧州株が下落を引っ張っています。

となると、イギリスの状況も悪いしポンドが売られるとなれば、年末はドル高になると思うので、ポンドドルを中心に売り戦略を立てているところです。
ここに来るまでポンドは、イギリスがどんな状況になろうと、根強く買い圧力がありました。
ただ、株価も下げてきたことだし、さすがにそろそろ下落は1.3070あたりの割りかし深いところを見てます。
場合によったら1.29台くらいまで。
プレグジット交渉がまだ難航しているし、一月からは離脱が決まっているので、ついに日本のトヨタもイギリス、ヨーロッパで製造を中止してしまいました。

いまは、欧米のクリスマス休暇のため市場参加者が少ないです。
トレードは、クリスマスが終わった28日からやります。

(今年はヘッドラインでぐちゃぐちゃの相場でしたので、今年後半はエントリーチャンスが極端に減りました。)

ポンドは、ヘッドラインの乱高下が半端ないので、トレードされる方は要注意です。
要人発言次第で簡単に100pipsくらい上下します。

1.3070到達もしくは1.29到達後は、1月中旬ころには買い目線に切り替えてポンドドルは再度ゆっくり上を目指すんじゃないかなと思います。
逆に来年のポンド円のほうは、ドル円に連れて下落トレンドではないかと。。。

ただ、菅首相はドル円100円を割らないように指示しているようですから、もしその近辺に行けば為替介入は入るでしょうから、ポンド円の乱高下には注意ですね。

それにしても、世界中どこも良いところは無いですね。
為替は綱引き状態。
来年からはアジア株、日本株をやるつもりでいます。
(追記:ワン太郎より)

参加しましたー^_^

毎日記事を配信しています。ご登録(BAND)お願いします!

毎日記事を配信しています

当ブログは SDGs を支援しています

当ブログは持続可能な開発目標(SDGs)を支援しています