マイニングについて少し語ろうかな

Oちゃんはマイニングに出会ってすでに7年目になります。

最初は仲間が作ったコインのマイニングだったり、コインマーケットキャップで探してきたコイン、そして周りで話題になっているコインをマイニングしたりしていました。

そのあと、ビットコイン、イーサリアムなどのすでにしっかりとした価値がついているもののマイニングへ。

ただこれはなかなか大変でしたね。。。。投資金額が大きくなったので。

ビットコインはASICというB T C専用マシンとなりますので、そのマシンでマイニング利益が上がらなくなると、ただの鉄屑に成り下がります。

当時の標準はBITMAIN社が発売するSシリーズでした。これらのマシンは10ヶ月のメーカー保証がついていましたが、購入に待ち行列ができるほどでしたので、自分たちの手元に届いたときはすでにその保証期間が切れていたり、ついていても期限切れ寸前だったり。。。。

それゆえに転売ヤーが続出しました。

BITMAIN販売価格の5倍以上にもなっていたのをみました(汗)

現在はイーサリアムの価格爆上げで、古いイーサリアムA S I Cが売られているようです。

友人も購入したようですが、これは怖いです。壊れる率も高いしイーサリアムのP O S移行後は鉄屑です。うまく元が取れるといいですね。

それどころか、古いG P Uまでネットで売れています。

Oちゃんもよく使っていた1070や1080tiといったGP Uが1万円以上で取引されています。

さて、ここでパーシバル・マークワン。

4月に登場する予定ですが、日本国内でイーサリアムのマイニングができる画期的なマシンです。

マイニングには、電気代と人件費というランニングコストがついて回りますが、この中で電気代は世界各国で大きな差があり、日本はkw20円台ですから競争力は低いです。

しかしながらこのマシンは300wという低消費ということで、十分に国内でマイニングができます。

電気代が安いからとカザフスタン、中国山岳部でやっていると、それはそれでリスクです。

自宅で、そして国内の工場で動いているなら、ちょっと安心できますよね。

また続きを書きます。

コメント
マーケットの雰囲気が異様な気がします。
テスラによる15億ドルのビットコイン購入により、ますます法定通貨そのものの必要性が無いのでは?と思ったりします。

このままビットコインに注目が行けば、法定通貨の存在意味がなくなってきそう汗。
最近、為替相場を見ている限り、法定通貨の価値が無くなってきている気がします。

インフレになれば、ビットコインですね。
ビットコインは10万ドル達成までにそれほど時間はかからないかもしれません。
ゴールドよりもビットコインですね。
ゴールドを買うよりも、皆、ビットコインに注目してます。
長期金利が上がればゴールドにとっては良いことはありませんからね。

まだ分かりませんが、マーケットの動きが異様な気がしてます。

もともと中央集権の法定通貨に対抗してできたビットコインです。
動き出せば早いと思うので、テスラのようにある日突然。
ある日突然、デジタル資産が使われる時代になるかもしれません。

反面、行きすぎると規制も。。。

(追記の追記:)

テスラは、なんと、ゴールド(金)もこれから購入していくそうです。現物とETFです。となると話は変わります。
(追記:ワン太郎より)

参加しましたー^_^

毎日記事を配信しています。ご登録(BAND)お願いします!

毎日記事を配信しています

当ブログは SDGs を支援しています

当ブログは持続可能な開発目標(SDGs)を支援しています