ヘリウムのマイニングその後

まだ手に乗ったわけではないので慎重にはなりますが、昨年の9月から関わっているヘリウムのマイニングは、やっと動きが出てきました。

このマイニングを仕掛けているアメリカP G(プライム・ゲイト)社との契約の問題もあり、日本国内への展開が滞りましたが、やっときちんとした形になりそうです。

ただし、I O Tハブはまだ日本の「技適」が通っていません。

コロナの影響もあり遅れたようですが、これは時間の問題。

日本国内の端末状況を見てみると、その数は全く増えていませんので、他の企業が仕掛けているというわけでもありません(^^)

購入者が一番気になっていることは、「バーチャル・マイニング」

これはP G社が打ち出したアプローチ。

端末代金振り込みから届くまでの間は、アメリカ本国で仮想的にマイニングを行い、一日一枚の代替トークンを付与してくれます。

これは今後日本国内でも展開されるアプリが出来上がり、ご自身の登録をすれば自動的にされるとのことです。

Oちゃんの場合、すでに7ヶ月(グダグダだったな。。。。)を経過しているので、210枚ほどのコインがもらえます。

これがP G所有の交換所でヘリウムと等価交換されるので、、、、、

現在ヘリウムの価格は900円前後ですから、

https://coinmarketcap.com/ja/currencies/helium/

189000円ぐらい(^^)

もしこの通りになったら初期投資の57000円は完全にクリアしていることになります。

「たられば」ではありますが、ちょっと嬉しい(^^)

今後ヘリウムから目が離せません。

コメント
素晴らしいですね^_^
楽しそうですね。

ワン太郎は過去のコインのトラウマで笑、もう最近のコインは全く持ってないのですが、昨日連絡があって3年前に購入して忘れていたアジア系のコインが他のコインになって5月くらいに配布されるとのことでした。
なんと、その時点で2倍くらいになるそうです。
てことは、当時、やたらと大きく買っていたので、その2倍となるとかなり嬉しいです。
他にも忘れているアジア系のコインがありますが、これもかなり大きく買ってそのまま放置してあるのですが、これも4年以上も停滞してますが定期的にアナウンスだけは入っていて、もし本格的に動き出せばかなり価値ありそうです。
こっちのほうは12月だそうです。
となると5年待ち?笑。でも、当時、30倍は固いと言われてたコインですから。
そういうのがいくつかあります。

ところで為替相場は、ドル円やポンド円が上がってきてますけど、来週から年度末期末の相場なので、まだ何が起こるか分からないです。
ただ、基本的には株価も底打ちしたような噂もありますし、長期金利が2.0に行くまではリスクオン=リスク選好の状況が続くのではないかと考えています。
株価が上がってきているので、ビットコインも底堅く今日は陽線で終わりそうですね。
このまま上昇していけば良いですね。

もしドル円がこのまま110円突破して120円に向かうのであれば、クロス円も上昇してくると思いますが、ポンドなんかを見てると強いのか弱いのか良く分かりませんね。
EUとの規制問題合意で、ポンド円がここまで上昇するわけですから、やはりポンドは強いのでしょうね。
というか、コロナワクチン接種率が高いというだけで、米国もイギリスも経済回復期待が高まり通貨が上昇してきているんですね。
バンデンは、2億回接種を目指すと言ってますからね。
それに比べてEUはまだ低いので、ユーロはなかなか買われませんね。

米国失業率も減っているようですし、円売りが強い状態ですね。
ドル買いというよりも円売りが強い感じに見えるので、ドルが買われるか売られるかによって、また相場のイメージが変わってくるかと思いますが、ポンドはポンド買いと円売りで動いていた気がします。ここにドルの動きが入ってくると、このような伸び方はしないのではないかと思います。
(追記:ワン太郎より)

参加しましたー^_^

毎日記事を配信しています。ご登録(BAND)お願いします!

毎日記事を配信しています

当ブログは SDGs を支援しています

当ブログは持続可能な開発目標(SDGs)を支援しています