暗号資産が上昇しやすい地合いになっている。

おはようございます。
ワン太郎です。

Mr.Oちゃんが地方に行っているみたいで、日記が届かないので、明け方ですがワン太郎が今日も日記を書いてます。
365日続けて書くのはなかなか大変なことなんです。
ねばならないものでもないわけですが、それでもなるべく続けようと^_^

二人とも書けない日は仕方ないですけどね。

で、今日の日記。
インフレにはなると認めつつ、一時的なものであると発言して繋ぐアメリカ政府ですが、同時にインフレになればなったでの対策もあるわけで、相場が混乱しないようにしているだけの話で、実際にはカナダでも木材価格が高騰しているし、「物」が上昇しやすい地合いになっています。

ゴールドも1800ドルを突破してきました!

「物」ということであれば、当然、ビットコインやイーサリアム。

ETHは、すでに2月にはCME先物に上場してましたし、大口投資家の狙いの対象になっていました。
そして、先日から書き続けていますが、DeFi、NFTの拡大、さらに、POWからPOSへの移行に伴う入手そのものが難しくなってきていることによる希少性、さらに、ビットコインとは異なり、発行枚数を減らすことも出来る独自の高騰操作可能への期待、イーサリアムの現在評価額がまだまだ低すぎるすという点、そして、ビットコインからの資金流入と。
そしてさらに、ETHはロビンフッド銘柄でもあります。

(ロビンフッド銘柄:イーサリアムクラシック、ドージコイン、ライトコイン、ビットコインキャッシュ、ビットコインSV、ステラなども)

やはりどう考えてもイーサリアム地合いは今後も続いていきそうな気がします。

ここまで条件が揃えば、普通なら「上がるよー」と断言しても良いかも知れませんが、ブログなのでそう断言するわけにも行かないわけであって、おそらく、読者の皆様の中で、イーサリアムについてもう調べていらっしゃった方は、それなりに仕込まれていたかも知れません。

イーサリアムについては、ワン太郎もコメント欄で今までもそれっぽいことを書き続けてきましたから、なんとなく察していただいた方もいらっしゃったかと思いますが、上昇する前にいくら「上がるよ」と言っても、「まさかそんなはずはない」という風潮ではありました。たしかに笑。

でも、引き続き、イーサリアムに期待したいと思います。

ワン太郎個人は、過去(2017〜2018年)ICOでたくさんコインを買っていた頃、イーサリアムを買い集めてました。
その破片があらゆる取引所に飛び散っていたのを集めたらそれなりのボリュームになってしまってました。

もう倒産した取引所にも置き忘れていたこともあり、今考えると割りかし勿体ない気も。
先日、記事にしたポロニエックスなんて、過去、ログインパスワードを数回間違えてそのまま凍結していて数年間諦めていたんですよね笑。
記憶を辿って再度ログインしてみたらログインできちゃったみたいな笑。開いてみたらイーサリアムがあったーみたいな。イーサリアムが安い時期でしたからね。

どのみち為替トレーダーなので。ある時以来、暗号資産にはあまり意識が行かなくて。

あとは、昔使っていたウォレットの中にも破片があったり笑。

完璧な「気絶」状態でした。

今から新たに買うというのはしませんが、暗号資産市場がビットコイン、イーサリアムを中心に上昇しやすい地合いを考えると、今後、ロビンフッダーみたいな危険な仕手戦も再開するでしょうから、波乗りしても良さそうな雰囲気があります。

ブログなのでオススメはしません、と一応書いておきます^_^

個人的にはトレーダーですので、積極的にこれから暗号資産を買うことはしてません笑。

引き続き「気絶」に入ります。

まあ、それは人それぞれということで^_^

参加しましたー^_^

毎日記事を配信しています。ご登録(BAND)お願いします!

毎日記事を配信しています

当ブログは SDGs を支援しています

当ブログは持続可能な開発目標(SDGs)を支援しています