突然、ボランティアをすることにしました。拡散希望(^^)

友人のタイムライン投稿を読んでいて、沸々と感情が高まってきました。

このコロナ騒動でたくさんの母子家庭のお母さんが職を失っているそうです。それはそうですよね、会社に行かない働き方で事務員は削減対象になります。

コロナで亡くなった方にはそれなりの哀悼は感じつつも、インフルエンザ死亡者が激減して2020年の感染症死亡者の数はマイナス2万人以上と聞いています。

しかし自殺者の数は。。。。。女性と子供で急増。

「2020年における総自殺者数は2万1,077人(暫定値)。男性は前年よりも26人減少した1万4,052人、逆に女性は2019年から934人増加し7,025人と2年ぶりに増加に転じた。若年層に至っては、小学生が15人、中学生が145人、高校生338人の合計498人に上り、1978年の統計開始以来最多だった1986年の401人を超えている。」日本財団ジャーナルより抜粋 https://www.nippon-foundation.or.jp/journal/2021/55066

日経では https://www.nikkei.com/article/DGXZQODG141IM0U1A310C2000000/

子供の自殺は9月1日が多いそうです。

それは夏休みに自宅にいて、満足な食事ができずガリガリの姿をクラスメートに見られたくないからだとか。給食でしのいでいたからです。

プロジェクトを進めている友人にジョインします。

支援をお考えの方へ

極貧家庭(失礼を承知で書いています)に弁当をお届けします。

Oちゃんのお店はもつ鍋屋ですが、流石にもつは火を通して時間が経過するとベチャベチャになるので、弁当用に何か考えます。

まずは週一回50食。

他の仲間にも声をかけて、タイガーマスク運動のようになればいいなと。

すでに配達するチームがいるので、Oちゃんは食品の原材料費、職人の日当(今は休んでいるのでバイト代は払っていません)を負担するだけですけど。

本当は店に呼んで温かい料理を振る舞いたいですが、恵比寿までの交通費が。。。。。

すぐにスタートします。

みなさんの知り合いにも参加できそうな飲食店経営者がいらっしゃれば、ご連絡ください(^^)

今回は暗号資産には全く関係ないです。。。。

コメント
ますます大変な世の中になっていきますね。

↓これを見ると、給付金はあることはあるけれど、貰える条件に当てはまる人が少ないのでは?意地悪にも敷居を高くしてないか?と。額が少ないとも思えるし。それに申請してから入金されるまでの時間が長いと思います。

今からもらえる「給付金・補助金」こんなに申請受け付け中!

https://news.yahoo.co.jp/articles/49041830075cf711efaacb5173a3738667d4fb9b

日本もアメリカみたいに、数ヶ月間、無条件に給料より高い給付金をバラ撒けば良いと思うんですが。
前年度予算が余りまくっているのに。
余りまくっているならバラ撒けば良いのに。
チビチビ出しても仕方ないと思うんですけど。

どのみち何もしなくても円安に向かうんだから配っても良いと思うんですけどね。

このままだと飢え死にする人が続出しませんかね。
日本は先手先手で手を打たないのでしょうかね。
冷静に考えて、国民全体が行き詰まるのは目に見えてますよね。

オリンピックが終わると基本的にはその国の経済がガクンと落ち込みます。
戦争の危機も無いとは言えませんからね。
第二次世界大戦時は最悪の日本経済でしたから、もしまた戦争になれば、さらに状況は悪化しますね。

国の対応があまり酷くなれば、みんなで公園で炊き出しボランティアもしましょう!
そして、メディアも呼んで国にアピールしましょう。人が集まるからダメとか、コロナ感染するからダメと言ってそれすらも出来ないかもしれませんが。
ともかく母子家庭のお子ちゃんが可愛そうです。
心細いだろうに。
お父ちゃんの収入があるところと無いところとでは半端ない違いがあると思います。単発で給付金五万円貰ってもコロナはずーっと続くわけですからね。
経済支援をもっと厚くしてあげて欲しいです。
かわいそうに。。。

ところで、GW明けの緊急事態宣言中でも、朝の通勤電車の中は普通に混んでますね。
ギュウギュウに詰め込んでというまでは行かないけど、普通に混んでます。
今でも緊急事態の赤信号なのに、感染力が強いインド株とか蔓延したら危険かも。
毎日の戦いに敬意の念が出てきて頭の下がる思いです。
(追記:ワン太郎より)

参加しましたー^_^

毎日記事を配信しています。ご登録(BAND)お願いします!

毎日記事を配信しています

当ブログは SDGs を支援しています

当ブログは持続可能な開発目標(SDGs)を支援しています