What u expect, will it grow more or it is end of season ?

What u expect, will it grow more or it is end of season ?

インドの友人から送られてきたメールです。

彼はいつもyouをu できますが、アメリカ人も同じ。口語体はGoogle翻訳に向きませんね(笑)

さて、この質問にどう答えたか。。。。。。

Oちゃんは前向きなんで。。。。わら

この業界の可能性なのですが、まだまだわかりませんが、個人的には悲観的ではないことは確かです。

なぜならオンラインサロンで二日前に提案したコインも10倍の伸びを記録していますし、決して業界がなくなるイメージではないからです。

前の投稿でも書きましたが、もしマイニングに規制がかかるようなことがあったら、ホームマイニング可能なパーシバルには追い風。そして日本がマイニングで世界に追いつくことができると思っています。

もうすぐ第二期の販売開始をしますが、その時は新しい販売ルールを発表します。

個人的には、「クリプト・フォーエバー」(笑)

コメント
常に前向きです^_^
明るくてとても良いことだと思います。
2日で10倍だなんて凄いですね。
ワン太郎も入会しようかなあ^_^?

それにしても今回のイーロン・マスクのバブルは短い期間でしたが良い夢を見せて貰いました^_^
ビットコインバブルはあっという間に終わってしまいました。
バブル崩壊?それとも上昇過程における下落?

市場は恐怖感から一斉に投げ売りされてクラッシュしてますので、どこまで下落するか底が見えないですね。
クラッシュ時はテクニカルもファンダメンタルズもほとんど効かないです。非中央集権なのでサポートされようが無いですからね。
投げ売りっ放しという感じです。

というよりも、ロスカットの連鎖が繰り返されているようです。
その証拠に取引所のサーバーダウン。
ビットフライヤー、コインベース、バイナンス、と次々とログイン不能に。
つまり、イーロン・マスクのTwitterにより、市場は振り回されて、ロスカット連鎖が発生し、ついにマスク氏自身も自爆してしまっている有様です。
これがクラッシュの要因。

あまり意味のないテクニカルを見るとすれば、イーサリアムは100日線を割ってしまったので、168000円レベルまでの下げは想定しておいたほうが良いかも。
その手前にピボットはあります。

ビットコインはまだ下げるなら280万円レベルかな?
無論、ここまで来るともっと投げ売りロスカットされる可能性ありますけど。
130万円レベル。

テスラ大丈夫???
いくら何でも持たないでしょ。
(中国からいじめられて、ビットコインでも下げて。)

気絶ガチホ組は関係ないです。
今回のバブルは夢だったと思えば済む話です。
またいつの日か。上がるときまで。

そうですね、あとは、長期金利が急上昇するとしたら、その時、ビットコインはどう動くか?ですね。
この下落はドルに対する信頼感の意味では無いので。
その時は、ゴールドとビットコインは分けて考えるのではなく、一緒に上がると思うんですよね。
なんとなく。

まず先にゴールドは強そう。

あとは、少しずつビットコインとイーサリアムの逆転現象なんか期待しちゃったりして。。。

ただ、ビットコインが下げたら買いたいという機関投資家も多いそうです。
どの辺りで落ち着くか?
まずそこを見極める必要があります。

仮にこれから値が回復してビットコインが10万ドルを達成したとしても時価総額は2兆ドル程度。
Appleの時価総額には及ばず、ランキングとして、1位ゴールド、2位Apple、3位ビットコインになる程度です。

ビットコインはとても小さな市場です。
乱高下があったとしても、回復も早いのかもしれません。
小さな市場であるというのなら、今回の下落は上昇過程における下落と見ても良さそうです。

市場が小さくて値幅が半端ないので、気絶、ガチホが一番です。

中国の規制は、香港で仮想通貨が出来なくもなり、割りかし深刻度が高そうですけど。

ところで、株価の暴落もそろそろかも?
注意信号突入です。

Sell in May, and go away; don’t come back until St Leger day.

9月半ばまでは相場に戻って来ては行けないですね。

為替で凌ぎましょう^_^
為替は一日10pipsゲット維持です。

※今回のコメントは何度か書き直して、これになりました。
仮想通貨がそのうち上昇するかもという視点で夢があって良いと思います。

(追記:ワン太郎より)

参加しましたー^_^

毎日記事を配信しています。ご登録(BAND)お願いします!

毎日記事を配信しています

当ブログは SDGs を支援しています

当ブログは持続可能な開発目標(SDGs)を支援しています