上昇過程における下落

上昇過程における下落

今回の仮想通貨市場におけるワン太郎の予想です。

Oちゃんも同様に考えています。

要するに、非中央集権型のブロックチェーンを信じるかどうか。

Oちゃんは、サラリーマン時代、C++(コンピュータ言語)の世界トップメーカー、そしてデータベースのトップメーカーで働いていました。

ブロックチェーンはC++で書かれたデータベース。

このことを知ったとき、鳥肌が。。。。。

それ以来、このブロックチェーンに夢中です。

しかも究極の資本主義。

皆が手弁当で参加してネットワークを安定に運用するって。。。。。

凄すぎる(^^)

日本の銀行は頻繁にシステムが止まりますけど、ブロックチェーンは(^^)

それと最近のブロックチェーンは流石にC++ではないものがあるのでしょうね。

かなり古い言語で使いこなしている人が50代、40代後半ですから。

だからこそビットコインの発明者はこの年代の人だと言われているんですけど。

とにかく今回の乱高下を見て怖くなった人、上がってから参加して大損した人などの撤退はOちゃんにはチャンスにしか見えません。

インターネットがなくならない限り、消滅しようがない業界だと思っています(^^)

コメント
昨日はオプション期限があって下げてたみたいですけど、下げるなら下げるところまで下げれば良いですよね。

もちろん未来のことなので、確実に上がるとは言えないものですけどね。
一年後かもしれないし、四年後かもしれないし、十年後かもしれないし、もっと早くて来月かも知れないし、また上がってくれば良いわけですから、楽しみにしているのは悪いことではないですよね。

よほどのことがない限り暗号資産が無くなることは無いと思いますよ。

むしろ、発行枚数が限られてますから、時間が経てば経つほど入手しにくくなるもので、普通に考えたら上がるとしか思えないですけどね。

値段は上下するものなんで、とにかくガチホして保有枚数を増やすのに専念してたら良いと思うんですよね。
0.1枚でも0.01枚でも多く。下げればチャンス。
割安で買えるくらいに思えば良いのでは。

直近ではロングポジションがたまりすぎてて上に上がりづらい思うんですよね。

ビットコインは200日線を4回トライしましたが抜けられませんでした。
ビットコインが下げるということは他のコインも下げるということですので全部下がります。

深く下げたら今度は材料待ちで上がるんじゃないでしょうか。
大きく下げればまたロスカット連鎖が起きたりして笑。

最近は暗号資産全体的に「だる重〜」ですが、深キョンの彼氏の杉本氏の会社のホームページある「シーラホールディングスの価値観」には、

<周囲が悲観的な時、景気が悪い時は攻めの時であり、周囲が楽観的で景気がよい時こそ守りの時である>

と書いてあります。
Mr.Oちゃんも↑の日記で同じことを書いてますね。

ガチホ組は上がろうが下がろうが関係ないですけどね。

イーサリアムなんて、七月にアップデートAltairが行われるらしいので、下げてくれたらチャンスだと思うんですよね。
イーサリアムは過去アップデート前後で毎回のように値を伸ばしてますから。

テスラもそうですけど、どこの国も、「仮想通貨は決済手段としては使えない」と言ってますから、まずはそこに期待せず、金融商品的な扱いで上がってくるんじゃないかと思います。

ただ、これも流行りみたいなもので、また誰か有名な投資家が「何億ドルぶち込んだ」とか報道されて値が上がり出すと、機関投資家も乗ってくるだろうし、その繰り返しですね。

まずは、「規制」で世界が動いてますから、何年後か分かりませんが、「規制」が出来るまでは乱高下かも知れませんね。

ついさきほども、

【要人発言】

麻生財務相
「G7財務相は世界経済やデジタル決済について議論した」

とのことですし。

ネガティブなニュース、ポジティブなニュースで簡単に流れが変わってしまう業界なので、振り回されないようにしましょう^_^

ちなみに、毎回書くことですが、「気絶」「ガチホ」が最強ということ。
Twitterを見ていたら面白い画像がありました。↓

あるTwitterより

仮想通貨は最も向いてると思います。
(追記:ワン太郎より)

参加しましたー^_^

毎日記事を配信しています。ご登録(BAND)お願いします!

毎日記事を配信しています

当ブログは SDGs を支援しています

当ブログは持続可能な開発目標(SDGs)を支援しています