パーシバルMark-1の二期募集は、いつフライングスタートするか?

マイニングマシン・パーシバルMark-1は世界的な部品不足が深刻な状況ですが、チップメーカーと日々協議を重ね、部品供給の目途が立ちつつあるそうです。

キーとなるのは、十二枚のチップが連動できること。そして一枚のハッシュパワーが70Mhs(メガハッシュ)前後のパフォーマンスを出すことです。

それで864Mhs相当のマイニングパワーになりますので、他に類を見ないスーパーマシンが誕生します。

チップメーカーは半導体ファブレス企業世界ナンバーワンのクアルコム社。

ロコファイ社オーナーのSさんは、ほぼ毎日彼らと話し合いを持っています。

この投稿が出た時には、また新たな展開が待っているかもしれません。。。。

とにかく現在の半導体業界は大変センシティブです。少しの油断もできません。

ロコファイ社には13枚のチップ(スナップドラゴン845)があるそうです。

それならば12枚繋ぎ合わせて一台の完成品ができそうなものですが、それができない理由があります。

イーサリアムのマイニング仕様変更により、従来のPOWからPOSへと移行が完了すれば他コインのマイニングをする必要があります。

そのためには複数に分けて色々な開発実験が必要となります。

イーサリアムはすでにうまく行くことがわかっていますが、他のコインはこれからです。

なんとビットコインのアルゴリズムの開発も着手したとのこと。

もちろんこの場合は12枚では利益が出ませんので、30から40枚のチップが必要になるかもしれません。

それでも昨今の中国政府のマイニング業者の締め出しを見ると、我々に追い風が吹いていると確信できます。

第二期の募集では、第一期のキャンセル枠に入る方がいらっしゃいます。もし本格的なスタートとなると納期は来年になる可能性もありますので、フライングスタートはチャンスです。

第二期は

  1. 一台88万円の消費税で、968,000円。ただしOちゃん特別価格あり。
    ・値段が上がった理由はクアルコムのチップ高騰が主原因。まだ上がる見込みがあり、次の値上げでは確実に100万円オーバーとなります。
  2. 一人1台までは自宅、それ以上は預かりというローカルルールは撤廃。
    ・一人の方が複数の名前で申し込みをされるようなので、お互いの無駄を省きます(汗)何台でもご家庭に置けますが、消費電力とご自宅の電気量キャパをよく調べて決めてください。ドライヤーを使った瞬間にブレーカーが落ちたり、電子レンジが使えなくなったりなどのトラブルは当方もロコファイさんもフォローできません。
  3. 契約までのスキームは従来通り。
    ・納品が遅れる傾向があり皆様が心配されるので、ロコファイさんへ振り込んでいただいた後、従来通り契約書をロコファイさんから送ってもらうことにします。第二期から契約書を省くスキームを考えていましたが、継続します。
  4.  代理店販売可能です。
    ・ロコファイさんはメーカー価格以外では売りませんが、外部ではOちゃんだけが再販を任されています。そしてOちゃんの会社の指定代理店となれば、代理店フィーをいただけます。お客様への価格提示はメーカー価格以外は任意となりますが、最初はメーカー価格である968,000円をロコファイさんへ振り込んでいただき、後ほどフィーがいただける仕組みです。
  5. ロコファイさんから直で買うよりお得。
    ・納期がロコファイさんから直だと早いと思う人もいるかもですが、そんなことはありません(^^)当然我々が第一期、第一期追加(1.5期と呼んでいた)などで枠を押さえていますので、ここは最優先されます。またOちゃんからだと特別なサポートが付いています。遠隔操作や無料出張サービス(交通費は実費でいただきます)を行うエンジニアを用意していますので、何かあっても安心です。さらにOちゃんからの代理店さんもそれぞれ自分たちのサービスをつけていきますので二重三重のサポート体制が引かれます。

フライングスタートはすぐそこです(^^)

コメント
な、なんと、ビットコインまで???
素晴らしいです^_^
(追記:ワン太郎より)

参加しましたー^_^

毎日記事を配信しています。ご登録(BAND)お願いします!

毎日記事を配信しています

当ブログは SDGs を支援しています

当ブログは持続可能な開発目標(SDGs)を支援しています