キャンセルをキャンセル

先日、半導体枯渇でなかなかお目見えしないG P U /C P Uマイニングマシン「パーシバル・マーク1」のウェビナーを行いましたが、それ以降お待ちいただいているお客様の反応が変わりました。

キャンセル(返金)をキャンセル(購入希望維持)へ。

それはそうですよね、こんなマシンないですから。

それでも半導体はどんどん価格が上がっていて、パーシバルの価格もそろそろ二回目の値上げの可能性が出てきました。

マスクを思い出しますね。。。。。。

Oちゃんは中国のメディカルマスクをメーカーから直接仕入れ、仲間に利益なしで配りました。

今回はそんなわけにはいきませんよ。

第一期の価格でほしい人が多すぎて、キャンセル待ちが虎視眈々と。。。。。

あと少しでデモ機がお目見えするはずです。

楽しみですね。

焦らず待ちましょう(^^)

コメント
キャンセルのキャンセルが出たんですね。
素晴らしい^_^
早く納品されると良いですね。

ところで、この原稿は、昨日投稿する原稿でしたが、トレードに夢中になっていて出せませんでした。
何が夢中だったかというと、ビットコインのトレンド転換の根拠を得るためにずーっとチャートに張り付きでした。

何か大口の買いが入ってるのは予想がついたものの、どこまで続伸するか不明でした。

決定的な根拠は、4時間足の50MAを抜ける瞬間です。
これを1時間足と5分足の両方で観察するんですね。
自然反発であれば、MAタッチで下げてきます。
ところが、下からぐいぐい上げてくる力があり、雲も突き抜ける力がありましたので、MAを抜けた瞬間エントリー。

こういうのは、大口の買いなのか、それとも小口なのか、アルゴなのか、ローソク足の勢いを見ないと分からないところです。

通常の波打つ相場の場合、アルゴだと思うので、エントリーはしないほうが良いと思います。

持ち合い中の相場で時間をかけて上昇を見せかけても、波打ちながら、最後は引き戻されますからね。

ですから、エリオットを使うとボトムエントリーができるというわけです。

あとは、本来なら下げる場面でもねじ返すように上げてくる場合は、分かりやすいです。

とくに仮想通貨の場合は、それが良く出てます。

トレードというのは、じっくり見てる時間が長いですが、エントリーは絞り込まないといけません。

エントリーしても、そこから値が伸びる時間もあります。

時間がかかるもんです笑。
(追記:ワン太郎より)

参加しましたー^_^

毎日記事を配信しています。ご登録(BAND)お願いします!

毎日記事を配信しています

当ブログは SDGs を支援しています

当ブログは持続可能な開発目標(SDGs)を支援しています